• TOP
  • FROM EDITORS
  • 「ザ・ノース・フェイス」or「チャンピオン」、あなたはどっち派?【ニット帽編】

2018.10.19

「ザ・ノース・フェイス」or「チャンピオン」、あなたはどっち派?【ニット帽編】

少し肌寒くなってきたこの時期、おしゃれのポイントとしても活躍するのがニット帽(ニットキャップ)です。ここでは編集部員の私物より「ザ・ノース・フェイス 」と「チャンピオン」のニット帽をご紹介。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/平井敦貴

こんにちは、Adelaideclassifieds.JPの平井です。

なんだか急に冷え込んできて、おでんが食べたくなったりしますね。

はい、もう秋本番です。

ということで今回は、そんな季節に活躍する「ニットキャップ」をご紹介。個人的にはちょっとした外出やカジュアルコーデはもちろん、ジャケットスタイルのハズしにも使える万能選手だと思っておりますので、これまであまりニットキャップに興味がなかった方も、これを機にぜひお試しアレ。

それでは早速参りましょう。今回ご紹介するのはこちらです。
ご存知「ザ・ノース・フェイス」と、ド定番「チャンピオン」です。チャンピオンについては以前もここでTシャツをご紹介させていただきました。この夏大ブレイクしたので、ロゴに見覚えがある方も多いかもしれませんね。

色はネイビーと黒なのですが、形や素材にそれぞれ微妙な差異があるので比較してまいりましょう。

NEXT PAGE2/ 3

ザ・ノース・フェイスはぴったりめ!

ザ・ノース・フェイス の「ケーブルビーニー」

左/ザ・ノース・フェイス 「ケーブルビーニー」。右/チャンピオン「ニットキャップ」。
ぴったりめの「ザ・ノース・フェイス」(左)か、ゆったりめの「チャンピオン」か。気分によって変えています。
2つ並べると大きさや形状にそこまで違いは感じられません。一点、「ザ・ノース・フェイス」の方はケーブル編みのデザインで、「チャンピオン」はリブ編みのベーシックなタイプです。いずれも折り返し部分にロゴが配置されワンポイントになっています。

もちろん両社ともアウトドアブランドの定番なので、そのロゴの認知度は抜群。コーデに取り入れるだけで、ほんのり「アメカジ感」も演出できます。
ザ・ノース・フェイス 「ケーブルビーニー」
まずはこちら、ザ・ノース・フェイスの「ケーブルビーニー」です。アクリル70%、ウール30%素材なので、触った感じでも少し毛羽っぽいウールの雰囲気は伝わってきます。アクリル100%のツルッとした感じをウールが程よく味付けしています。このあたりの素材感は、細かいようでいて雰囲気が変わる大事な要素です。ちなみにケーブル編みはきつめに編まれているので、形が崩れにくく、頭にジャストフィットします。
ザ・ノース・フェイス 「ケーブルビーニー」
ボリューム感を抑えた生地のため、折り返し部分もそこまで厚みが出ていません。ニットキャップはモコモコよりもスッキリ派、という方にはこちらの方をおすすめします。

ちなみにですが、トップ部分にはそれなりに高さがあるので、おでこや耳を出すかぶり方だと頭のてっぺんは膨らみます。この辺りはかぶり方で調整が必要です。
ザ・ノース・フェイス 「ケーブルビーニー」
ブランドロゴは折り返し部分をクリップするように、ラベル状に配置されています。色も大きさもそこまで主張をしないので、シンプルなコーデからカジュアルスタイルまで幅広く使いまわせます。

ここではネイビーをチョイスしましたが、黒・チャコール・白の定番カラーもバリエーション展開していますので、お好みで選んでみると良いでしょう。

個人的なスタイリングですが、ネイビーカラーはデニムとの相性が良いので、デニムパンツもしくはジージャンを取り入れたコーデならほぼほぼOKです。普段は「耳を出して」かぶることが多いのですが、ジャケットスタイルのハズしとしてかぶる時は、なるべくボリューム感を抑えるために「耳まですっぽり」かぶっています。

ぜひ様々なコーデに合わせて取り入れてくださいませ。

NEXT PAGE3/ 3

チャンピオンはゆったりめ!

チャンピオンの「ニットキャップ」

チャンピオン「ニットキャップ」
続いてはチャンピオンの「ニットキャップ」です。こちらはアクリル100%で伸縮性の高いリブ編みになっています。ベーシックなデザインで、ちょっとした外出時にサッとかぶれるので重宝しています。
チャンピオン「ニットキャップ」
生地は比較的厚みがあり、折り返し部分にも若干のボリューム感があります。アメカジの印象が強いブランドなので、カジュアルやストリートっぽいスタイルに合わせる際はこちらのニット帽をかぶっています。
チャンピオン「ニットキャップ」
ただ、ワンポイントのロゴマークは小さくても主張が強いので、そのままかぶるとどうしても若者っぽさが抜け切らない印象も。

そんな時はなるべく控えめになるようコーデするのが良いかもしれません。個人的には黒のニットキャップをかぶる際は、全身も黒を多めにして引き締めるようにしています。こちらも先ほどと同様サイズはフリーなので、頭のサイズや髪の長さを気にせずかぶれるのがポイントです。
左/ザ・ノース・フェイス 「ケーブルビーニー」。右/チャンピオン「ニットキャップ」。
同じようなベーシックなニットキャップでも、素材やサイズ感、色を少し変えるだけで、スタイリングの幅がグッと広がるので、おしゃれな大人にこそおすすめのニットキャップ。あなたはどちらが好みでしょうか?

定番ブランドであれば安心してかぶることもできるので、ぜひこの季節にこそ買い足してみてのをおすすめいたします。

■ザ・ノース・フェイス

ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560
URL/

■チャンピオン

URL/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事