• TOP
  • FROM EDITORS
  • GIVENCHY2019年春夏のショーに見る、これからのファッションとデザイナー

2018.10.03

GIVENCHY2019年春夏のショーに見る、これからのファッションとデザイナー

10月のこの時期は、ヨーロッパでウィメンズの2019年春夏コレクションが発表されるファッションウィークです。メンズは6月に開催済みなのですが、いくつかのブランドはウィメンズのタイミングで合同展を行うとあって、急遽、花の都パリへ行ってきましたよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/堀川正毅(Adelaideclassifieds副編集長)

毎年1月と6月は、イギリス・ロンドンにはじまり、イタリア・ミラノ、フランス・パリとメンズのファッションウィークが開かれているのですが、最近はメンズのタイミングではなく、2月と10月のウィメンズのタイミングで合同展を行うブランドが増えています。

これは男女の世界観の統一や、ショー運営のためのコストを抑えるためなどなど、理由はいくつかあるようですが、取材する側にとっても金銭的・物理的になかなか大変でして。そんな折、合同展を選択していた「ジバンシィ」のショーを見る機会を得まして、一路パリへ。
PAGE 2
アーティスティック・ディレクターを務める「クレア・ワイト・ケラー」によるウィメンズ&メンズのテーマは、「I AM YOUR MIRROR」。「女性性、男性性をミラーリングさせ、相互に代用」させることを目的とした、合同展ならではのショーでした。

エポーレット、両胸ポケットのあるシャツや、軍服を思わせるコート、タフさ漂うカーゴパンツなどなど、ミリタリー要素が印象的で、それらをレディスは格好良く、メンズはモダンにスタイリングしており、どれもリアルで洗練されたものでした。
ショーの翌日、同ブランドの展示会が行われていたので、そちらにもお邪魔して、実際に手にとってみたところ、とにもかくにも「軽い!」仕上がりにビックリ。本来ミリタリーがもつタフさやヘビーさは雰囲気だけで、実際には軽やかな素材使いや色使いをすることで、実にいまどきな、スマートなコレクションであることを実感。いやぁ、生意気言っちゃいますけど、クレアのクリエイションがジバンシィとマッチングしてきたなァと。
PAGE 3
ココンチに限らず、いまファッションビジネスはとっても難しい時期を迎えていると思うんです。モノが売れない売れないと言われながらも、ブランドは巨額のお金を投資して、年に2回コレクションを発表する。それらが支持されれば良いのですが、必ずしもうまくいくとは限らない。

成績不振を受けてデザイナーが更迭されることも多々、かといって“売り”に走って、結果シュリンクしてしまったブランドもまた数知れず。……なんて舵取りが難しい時代なんだ!と天を仰ぎたくなります。でも、なかには上手にやれているブランドもあって、今回のジバンシィにはその“上手さ”を感じたんですね。

クリエイターのパッションを引き出すべく、ブランドがきっちりバックアップをする。クリエイターも自由奔放なだけではなく、マーケットの声に耳を傾ける。そういう本当の意味での二人三脚ができてこそ、いまの時代、消費者から支持が得られるんだと思いますし、それが売り上げに繋がっていくんだと思うんです。だから、今回のジバンシィは期待ができる、と思った次第です。
長くなりましたが、そんなところで。
実際のアイテムは来年の春号で取り上げますので、楽しみにしていてくださいませよっ!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL