• TOP
  • FROM EDITORS
  • 「近ごろ、日本美術が気になる……」方にやさしい展示に行ってきました!

2018.06.19

「近ごろ、日本美術が気になる……」方にやさしい展示に行ってきました!

梅雨時のお出かけに美術館はいかがでしょう? 「琳派」と「漆の技法」をやさしく・じっくり楽しめる展示が開催中です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/岸澤美希(Adelaideclassifieds.JP) 写真/山種美術館、根津美術館

皆さん、こんにちは! Adelaideclassifieds.JPの岸澤です。梅雨のじめじめが続いて、休日をどう過ごそうか悩むもの。そんな方にオススメなスポットを今回ご紹介します!

デートの約束をしていたのに、当日になってみたら雨……となると、濡れるのは嫌だし、彼女のテンションも下がってしまいそう 。ならば、最初から雨が降っても問題ナシな場所を選んでしまえばいいのですね。ならば美術館はいかがでしょう。屋内ですから濡れませんし、静かな空間で落ち着いた時間を過ごせます。

いま注目の展示はふたつ。山種美術館の特別展「琳派 −俵屋宗達から田中一光へ−」と根津美術館の企画展「はじめての古美術館賞 漆の装飾と技法」。どちらも日本美術初心者にやさしい展示ですよ。
山種美術館 展示室内観
山種美術館の特別展「琳派 −俵屋宗達から田中一光へ−」では、17世紀の俵屋宗達に始まり、近代・現代の日本画家まで連綿と引き継がれている「琳派」の優品を一挙に鑑賞できます。
俵屋宗達・尾形光琳・酒井抱一、近代では菱田春草・速水御舟……と「琳派」や琳派に影響を受けた画家はそれぞれ有名なので、個人の作品のみを集めた展示も行われるほど。でも個人の展示だと内容が深すぎて、初心者には「琳派」とはどんな一派なのか、かえって分かりづらいものです。その点、本展示は琳派初期の作品から新しいものは2000年代のものまで時系列的に見ることができるので(しかもどれも有名作品!)、「琳派」のエッセンスを存分に楽しみ、かつ学ぶことができます。
PAGE 2
根津美術館 外観 (c)FUJITSUKA Mitsumasa
一方、根津美術館の展示では、漆を使った装飾の技法をじっくり知ることができます。漆は日本では縄文時代から塗料として使われてきました。時代が下ると表現のバリエーションは増え、「蒔絵」「螺鈿」などよく耳にする技法が登場します。この展示では、各技法ごとにイラストで図解されているので、作品を見るだけよりもよ〜く分かります。
ひとくちに「蒔絵」といってもそのなかで色々な表現方法がありますし、「彫漆(ちょうしつ)」「存星(ぞんせい)」など耳慣れない技法を使った作品まで見ることができます。また根津美術館は庭園でも有名で、この時期は雨に濡れた景色も素敵。この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

紹介したふたつの美術館は距離が近いので、美術館のハシゴも楽しいですよ。

■ 山種美術館 特別展「琳派 −俵屋宗達から田中一光へ−」

期間/5月12日(土)〜7月8日(日)※会期中、一部展示替えあり(前期:5月12日~6月3日、後期:6月5日~7月8日)
場所/山種美術館
住所/東京都渋谷区 広尾 3-12-36
開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日/月曜日
お問い合わせ/☎︎03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL/

●一般1200円

■ 根津美術館 企画展「はじめての古美術館賞 −漆の装飾と技法−」

期間/5月24(木)〜7月8日(日)
場所/根津美術館
住所/東京都港区 南青山 6-5-1
開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日/月曜日
お問い合わせ/☎︎03-3400-2536
URL/

●一般1100円

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

У нашей фирмы классный интернет-сайт со статьями про купить Comanche Backfire Fs Disk https://velotime.com.ua/product/backfire-fs-disk/
UDI Drones buy