• TOP
  • FROM EDITORS
  • ジェットスターで行く! おトクでラグジュアリーな宮崎オトナ旅レポ

2018.06.08

ジェットスターで行く! おトクでラグジュアリーな宮崎オトナ旅レポ

南国リゾート施設が充実、サーフ&ターフのベストスポット、宮崎牛の輸出額もうなぎのぼり……などなど夏が近づく程に話題が尽きない九州の常夏スポット、宮崎県。今回はなかでもオトナの遊び場&観光スポットを巡ってきました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/八木千晶(Adelaideclassifieds)

新緑が眩しい季節から一気に梅雨にはいった今週。聞けば予報では今年の梅雨は7月初旬には明けて、その後は猛暑!が待っているそうです。どんだけ暑くなるのよ……と恐怖もありますが私は夜まで遊べる(飲める)夏が大好き!そんななか「青島ビーチパーク」が今年もオープンするなど、“旬”な景色がより一層広がる九州•宮崎は、この時期、旅先として最適なんです。今回はひと足お先に注目のエリアをお得&便利なエアと言えばのジェットスター国内線で、ツアールートは地元宮崎の方々に教えて頂きながら巡ってきました。
到着後まず立ち寄ったのは4月20日よりオープンした、宮崎の夏の新たな定番スポット「AOSHIMA BEACH PARK」。こちらはその名のとおり、青島ビーチが目の前! 取材日はあいにくの曇天でしたが晴れた日はサンセットが楽しめたり、お腹がすいたら西海岸スタイルのハンバーガー&ビールなどが頂けます。サーファーやサイクリスト、ファミリーやカップルの憩いの場、という感じ。

NEXT PAGE2/ 4

 

ちなみにいきなりですが “モアイ像”もいるんです、宮崎!(笑)「サンメッセ日南」にて。
そして断崖絶壁の洞窟の中にあるパワースポット神社「鵜戸神宮」は必見の場所のひとつ!
夜遊びがしたくなったら日本一スナックが軒を連ねているニシタチエリアへどうぞ。ちなみにBAR「wine & bar 麦家」はWORLD CLASS 2017 JAPANでファイナリストに選ばれた女性バーテンダーが宮崎の夜を彩るカクテルを作ってくれますよ。夜遊びがしたくなったら人口10万人あたり
のスナック軒数が日本一の宮崎最大の歓楽街ニシタチへどうぞ。ちなみにBAR「wine & bar 麦
家」はWORLD CLASS 2017 JAPANでファイナリストに選ばれた女性バーテンダーが宮崎の夜
を彩るカクテルを作ってくれますよ。

NEXT PAGE3/ 4

 

めいっぱい街散歩を楽しんだあとは宿へ。場所はもちろんAdelaideclassifieds.JPでも大フィーチャーしているコチラ。「フェニックス・シーガイア・リゾート」です。雄大な太平洋沿いの広大な黒松林に囲まれたこちらのラグジュアリーリゾートは最近、フラッグシップホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の客室約96%を一新し、さらに宿泊者専用のラウンジやガーデンエリア等が充実するなど、開業以来最大規模となるリニューアルが完了したばかり。
ゴルフやセグウェイツアーなどのアクティビティをはじめ、温泉やスパなどの優雅なお籠もりリゾート時間を過ごせます。この日の夕食はプールが見渡せるテラスで宮崎の素材をふんだんに盛り合わせた豪華宮崎牛のテラスバーベキュー。グランピング気分に拍車がかかりますよね。
そして夜が深くなるにつれ、プールエリアがぐっとオトナっぽくなり、、、話題の焚火のリビングやKUROBARで、滞在中のカップルはムーディなひとときを過ごすのでしょう。羨ましい! ちなみに写真に映っているカワイコちゃんはジェットスターアンバサダーを努めるインフルエンサーの芳美リンさんと戸高彩菜さん。そんなこんなの弾丸宮崎取材でしたが、美味しいものと美しい自然に囲まれて、ストレスから開放されてか、またもやわがままボディが肥えてしまったのでした、、、笑。

NEXT PAGE4/ 4

 

ちなみに今回搭乗したのはジェットスター。成田—宮崎の路線はなんと片道運賃が5990円(※)~と驚きの価格を実現しています!  国内LCC初のモバイル搭乗券「Star☆パス」を使って楽々搭乗! 渡航費をコストダウンすることで、さらに宮崎の夏を存分に堪能できるんです! またチケットは公式HPやアプリでの購入が一番安いそうなので、チェックはお早めに、、、!

※エコノミークラス「Starter」片道運賃。支払手数料、空港使用料等が別途必要です。
受託手荷物の料金は含まれません。諸条件が適用されます。

■ ジェットスター

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事