2018.05.24

この夏は黒Tばかり買ってしまう

CATEGORIES :
CREDIT :

文/堀川博之(Adelaideclassifieds.JP)

こんにちは。
みなさまいかがお過ごしでしょう。
Adelaideclassifieds.JP堀川です。

すっかり夏のような気温。
湿度のないこの季節な一年でも快適です。

そんなわけでこのところ着ているシャツといえばTシャツが主軸。
なかでも黒Tばかり着ています。

1)黒Tは、着こなしに悩まない。
2)経年変化しても、それなりに味になる。
3)白Tシャツに比べて、透けないので胸元やお腹まわりなどごまかしが効くので、なにかと便利。
というワケで、いい大人にこそ黒Tをオススメするしだいです。

クリーニングも裏返して、ネットに入れれば、素材にもよりますが
それほど激しく色落ちしませんし、細かなゴミがつきにくいので、ぜひひと手間を。

無地も大人っぽくていいのですが、個人的にはワンポイントありの方が着やすいかと。
とりわけ、ヘビロテしているのがこんなTシャツです。

NEXT PAGE2/ 5

 

◆ ヴェトモン 

どこのSTAFFですか?と突っ込まれてます

胸元に入ったSTAFFの文字から、ノベルティTシャツのようなヴェトモンの定番。毎シーズン展開していますが、シーズンごとにサイズや仕様をガラリと変えてくるところがユニーク。こちらは昨年のものになりますが、生地の厚み、しなやかさ、サイズバランスがとても気に入っていて、まとめて購入したもの。

ちなみにヴェトモンとは、現在のバレンシアガのアーティスティック・ディレクターを務める一方、デムナ・ヴァザリアが手掛けているのがこのヴェトモン(VETMEMS)。フランス語で服の意味。メゾン マルタン マルジェラやルイ・ヴィトンを経て立ち上げたブランド。
ヴェトモンの通商スタッフT。展示会シーズンの現在、3軒に1軒の割合でつっこまれてます(笑)。
胸元に目立たぬように入ったロゴからさらにノベルティ感が。
背中にはロゴが大きく入ってます。
背中にはロゴが大きく入ってます。
黒Tシャツにオールドのリーバイス501。最近はもっぱらこのスタイルです。
黒Tシャツにオールドのリーバイス501。最近はもっぱらこのスタイルです。

◆ アディダス × アレキサンダー・ワン 

コラボものは、やっぱり気になります

SNSでの告知でコレクション前にゲリラライブを行ったり、ポップアップトラックで路上販売を行うなど、その行動がなにかと物議を醸しているアレキサンダー・ワン。そんな姿勢と行動はとても現代的に感じます。

そんな彼が3年前にアディダスとコラボレーションして話題となったファーストシーズンのもの。トレフォイルとアディダスオリジナルスのロゴが逆さになっています。こちらは生地がしっかりしていて色褪せにくく、重宝しています。バックプリント(というか生地が貼ってある)も好みですね。

NEXT PAGE3/ 5

 

生地と同系色の黒で刺繍されています。プリントではなく刺繍というのもいまどきな仕様。
生地と同系色の黒で刺繍されています。プリントではなく刺繍というのもいまどきな仕様。
なかなか画期的なバックプリント。

NEXT PAGE4/ 5

 

◆ アディダス × アレキサンダー・ワン 

ほどよくモードなスポーツウエア

こちらも同様にアディダス×アレキサンダー・ワンのもの。胸元の逆さロゴや脇に入った3本ラインを、うまいぐあいにモードっぽく仕上げています。1枚で着てもいいですし、インナーとしても襟元にワンポイント入るので着こなしのアクセント付けに絶好なのです。
3つ並んで逆さに配されています。それぞれプリント、刺繍、ワッペンと、手間をかけたこんな仕様も素敵です。
3つ並んで逆さに配されています。それぞれプリント、刺繍、ワッペンと、手間をかけたこんな仕様も素敵です。

NEXT PAGE5/ 5

 

◆ ツアーTシャツ 

いわゆる思い出Tシャツを久々に着ています

2000年前後は毎週のようにライブに出掛けていました。第一回目のフジロックやWIREなどの大箱、新宿リキッド、ロフトなどの小箱まで足繁く。そんなときに買っていたのがツアーTシャツ。こちらはナインインチネイルズのもの。もう20年近くたつことに愕然としております。

最近はトラビス・スコットやジェリー・ロレンツォなどが着用して再評価されているようです。
バックプリントにはツアーでまわる都市名とスケジュールが記されているだけのもの。ちなみに東京公演(幕張メッセ)は初日に行ってました。
バックプリントにはツアーでまわる都市名とスケジュールが記されているだけのもの。ちなみに東京公演(幕張メッセ)は初日に行ってました。
というわけで、この夏はぜひ黒Tをご活用ください。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事