2018.05.17

都会派でも楽しめる「田舎へ泊まろう」!?

古民家×バケーションレンタル=都会派でも楽しめる「田舎へ泊まろう」!? そんな滞在を山梨でして参りました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/八木千晶(Adelaideclassifieds)

長かったようで短くも合ったゴールデンウィーク。遠出したいけどゆっくりもしたい、、、そんなナマケモノのワタシが向かった先は、都内から1時間半ほどで到着できる山梨でした。
富士山
笛吹市芦川町
富士山を拝んで美術館巡って、ほうとう食べて!そしてお目当ての宿がある笛吹市芦川町へ。ちなみにこちらは人口400人のうち50%以上が65歳以上という「限界集落」。現在は町全体の約3分の1が空き家になっているのだといいます。
そんな集落に古民家の外観はそのまま、中はフルリノベーションされた「古民家宿LOOF」が2棟。今回は最近改修された「坂之家」へ滞在しました。障子を開ければ見えるのは新緑と川のせせらぎと月と星と葱の花。そして死ぬほど静か。ああなんて贅沢。

お宿のサービスはいわば、バケーションレンタルになります。食事の希望時間ややってみたいアクティビティ(と言っても近くに何もないので釣りやハイキングなど、、、?)、行ってみたい場所(絶景温泉など)を告げればスタッフが全てを手配&予約を行ってくれ、基本的には常駐ナシ。ゲストのみが思い思いにゆっくり寛げるというシステムなんです。このスタイル、本当に快適でした!例えて言うなら、田舎のおばあちゃんがちょっとお出掛けている間にゆっくりお留守番している感じ、、、?笑

NEXT PAGE2/ 2

 

教えてくれたオススメの温泉から戻ると、スタッフさんが暖炉に薪を焼べながら夕食の準備をしています。囲炉裏で地元の食材を焼いて頂くのですが、鮎の塩焼きが本当に美味しかった!デザートの熱々の焼きリンゴも。あと世界も注目している山梨ワイン。アルコールは持ち込みもOKですが、ココのお酒のセレクションでも十分かと。

春先も良いですが、コタツや檜風呂、暖炉もフル稼働なので冬の御籠もりにも良いなあと思いました。ちなみに10人まで宿泊できるので、ファミリーやお友達でワイワイするのもオススメですよ〜。
古民家宿LOOF

■ 古民家宿LOOF

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事