2018.03.22

大人の春ブルゾン、極私的論

バーバーリー×ゴーシャラブチンスキー、ブラック・コム デ ギャルソン×ナイキなど、大人にふさわしい春のブルゾンを極私的に論じます。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/堀川博之(Adelaideclassifieds.JP)

こんにちは、Adelaideclassifieds.JPの堀川です。

今週はビジネスシーンで使えるスタイリングの特集していますが、楽しんでもらっていますか。

さて、ようやく暖かくなり、春アイテムが欲しくなる季節。大人にふさわしいブルゾン選びを極私的にご紹介いたします。
ベースはシンプルなスイングトップですが、腕やボディのボリューム感がいまどきです。

◆ バーバーリー×ゴーシャラブチンスキーのバリントンジャケット

CEO兼、クリエイティブディレクターを17年務めたクリストファー・ベイリーが退任し、リカルド・ティッシへの交代劇が行われたバーバーリーですが、この春夏の新作もとてもいいです。

1979年公開の映画『クレイマー、クレイマー』では、ステップアップした成功者の証しとしてバーバーリーのコートがシンボリックに描かれていましたが、2018年の現在は、SNS戦略を巧みに取り入れ、ファッション感が高まっています。

このあたりはクリストファー・ベイリーの功績が大きく、バーバーリーチェックは大復活し、新しい世代に受け入れられ、ブランドを受け入れる世代交代が上手くできている感じがします。

そんな、バーバーリーですが、こちらのブルゾンは、ゴーシャラブチンスキーとのコラボレーション。ゴーシャラブチンスキーとは、ロシアのブランドで、コム デ ギャルソンの川久保玲も注目するブランドです。

過去にアディダスやVANSともコラボレーションしていますが、バーバーリーとのコラボレーションが個人的には好みであり、白眉かなと。

こちらのブルゾンは、定番のスイングトップをベースとしていますが、背中や腕回りのボリューム感が独特で、着たときのシルエットがいまどきです。10年前のものだと、この感じはどうしても出せないでしょう。

デザインを大幅に変更することなく、テイストをアップデートしている、ちょっとしたさじ加減が絶妙です。定番と言われるアイテムこそ、常にアップデートする必要があると感じさせる一着です。オールドのリーバイスとサラリと合わせたいなと。
タグには、バーバーリーと並んで、ゴーシャラブリンスキーの文字もしっかり入っています。
タグには、バーバーリーと並んで、ゴーシャラブチンスキーの文字もしっかり入っています。
リバーシブルブルゾンなので、こんな感じで裏返しで着ることも可能。コートのインナーに着るときには、全面チェックもいいかも。
リバーシブルブルゾンなので、こんな感じで裏返しで着ることも可能。コートのインナーに着るときには、全面チェックもいいかも。
しっかりダブルジップ仕様になっています。
ブランドを統一して、現在はバーバリーひとつに。ダブルジップ仕様になったジップもいい感じです。

NEXT PAGE2/ 3

ブラック・コム デ ギャルソン×ナイキのブルゾン

◆ ブラック・コム デ ギャルソン×ナイキのブルゾン

MA-1タイプのベーシックなジップアップブルゾン。
MA-1タイプのベーシックなジップアップブルゾン。
ふたつ目は、ブラック・コム デ ギャルソン×ナイキのブルゾン。2009年にスタートしたブラック・コム デ ギャルソンは、通常のコレクションよりリーズナブルなうえ、コム デ ギャルソンらしさが詰まったデザインで、若い層にはもちろん、往年のファンにもウケています。

ナイキとのコラボレーションはシーズンごとにバックプリントなどは変わりますが、現在も展開中。カタチはベーシックで着丈は少し短め。素材は必ずしもリッチなものではありませんが、いま着たい!という雰囲気を宿したデザインや意匠は、改めてコム デ ギャルソンのデザイン力の強さを感じます。

どんな着こなしにも合う黒いシンプルなシャカシャカ素材なので、カーディガン代わりに愛用しています。
ナイキ×ギャルソン、このラグだけで心躍ります。
ブラック・コム デ ギャルソン×ナイキ、このタグだけで心躍ります。
シーズン毎に変わるバックプリントなどもポイント。
シーズン毎に変わるバックプリントも大きな魅力です。

NEXT PAGE3/ 3

ブランディメルビルのフード付きブルゾン

◆ ブランディメルビルのフード付きブルゾン

ブルー、ホワイト、レッドのトリコロールが入ったフード付きブルゾン。袖口や裾の処理など、極シンプル。
ブルー、ホワイト、レッドのトリコロールが入ったフード付きブルゾン。袖口や裾の処理など、極シンプル。
3つめは、ブランディメルビルのフード付きブルゾン。じつはこちら、レディスブランドのものなので、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。

1993年イタリアで創業し、いまもイタリア製を貫いているカジュアルブランド。ニットやカットソーなど、ごくごくベーシックなアイテムを展開中で、リーズナブルな価格帯が魅力。

どのアイテムもワンサイズのみで展開しているののが特徴で、着方しだいでスタイリングの雰囲気が変わるのもここの面白さです。

ここ数年、着るアイテムといえば、黒ばかりだったので、今季は色を指したいと思い購入した一枚。週末にサラリと合わせたいと。

ちなみにこちらは日本未発売のブランドですが、ハワイのモールなどにショップがあるので、ちょっとしたお土産にはもってこいかと。覚えておいて損はないと思います。
ジップは大きめで、スポーティな雰囲気もいいなと。
ジップは大きめで、簡素ですが、こんなスポーティな雰囲気もいいなと。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事