• TOP
  • FROM EDITORS
  • 大雪の東京で若いロックンロールが鳴り響いた若くてロックな夜

2018.01.25

大雪の東京で若いロックンロールが鳴り響いた若くてロックな夜

Kitty, Daisy & Lewisの来日公演のため、大雪の渋谷へ。若いロンドン生まれの三姉弟のライブで氷点下の東京が熱い夜になりました。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/冨永麻由(Adelaideclassifieds.JP)

東京で4年ぶりの大雪が降った夜、私は渋谷のライブハウスにいました。さすがに断念しようかと思いましたが、去年の10月からこの日を楽しみにしていただけあって、悩む頭を無視して足が私を渋谷へ運びました。
「Kitty, Daisy & Lewis」というロンドン出身の3姉弟によるロック・バンドの公演で、1940〜50年代のヴィンテージ・サウンドを彷彿とさせるポップな音楽がクセになります。

音楽の仕事をする両親を持ち、彼らが物心つく前から家にはあらゆる楽器があったそう。そのためか、3人ともあらゆる楽器を使いこなす、マルチプレーヤーなので、ライブでは曲ごとに持ち場をとっかえひっかえしていました。

デジタル機材を一切使わないアナログの音楽にこだわっていて、曲作りは自宅のスタジオで行うとのこと。ライブ中、きっとしっかり者の長女Kittyとロックに生きる次女のDaisyが、スティーブ・ブシェミにそっくりでなんだか放っておけない末の弟Lewisに楽しく生きてもらいたくて、自宅のガレージで3人仲良く楽器を弾き始めたんだろうなあ、と姉弟愛に泣けるなあなんて考えていました。しかし、あとでDaisyが長女、Lewisが間で長男、Kittyが末の次女だと判明しました。

まさか公演当日がこんな大雪になるとは思ってもいませんでしたが、その分忘れがたい素敵な一夜になりました。若い3姉弟の演奏は、特筆するほど上手いわけではないですが、上手いか下手かなんて、それがほんとうに彼らだけの素敵な音楽であるということに比べたらどうでもいいことでした。 
ライブハウスを出て、雪がしんしんと降り積もる夜の渋谷をほくほくした気持ちで歩いて帰ったのも良い思い出です。
Kitty, Daisy & Lewisオフィシャルサイト/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事