• TOP
  • FROM EDITORS
  • レトロな感じの「グレゴリー」がやっぱり好き!

2018.01.08

レトロな感じの「グレゴリー」がやっぱり好き!

今回は日頃から愛用している「グレゴリー」のバックパックのお話。どれもが旧ロゴの“レトロな感じ”なのに“いまどき”な雰囲気のもの。ほんと、好きなモノは変わらないですね〜。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/鈴木賢二(Adelaideclassifieds)

Adelaideclassifieds編集部の鈴木です。
今年も宜しくお願いいたします。

さて
今回は日頃から愛用している
「グレゴリー」のバックパックのお話。

グレゴリーは1977年に
ウェイン・グレゴリーによって設立された
カリフォルニアのバッグブランド。

グレゴリーは誕生以来
幾度かのロゴの変遷を辿ってきました。
我々オヤジ世代には、学生時代に使っていた
いわゆる茶タグ、紫タグの頃の
“レトロな感じ”がしっくりきますよね。

そんなグレゴリーの
ブランド設立40周年だった昨年に
オヤジ世代にうれしい
アニバーサリーな逸品が登場していたのです。

NEXT PAGE2/ 4

コンパス 30 レトロ 

まずは
「ノンネイティブ」と
コラボレーションした『コンパス 30 レトロ』。

最新デザインモデルである
『コンパス30』をベースに
ノンネイティのデザイナーである藤井氏が
90年代に感じたグレゴリーの
イメージを重ね合わせ、リデザインしたとのこと。

ノートPCの収納に便利な外側の保護パッド付き
コンパートメントが付くポケットには
タブレット用スリーブも配備。
ラゲッジスタイルに大開口する
メインコンパートメントを備えるなどとっても機能的。

最新の機能性と
1983年から2年間のみ使われていた
オールドタグとの融合がいい塩梅なのです。

NEXT PAGE3/ 4

「ビームス プラス」とのコラボレーションで誕生したバックパック 

お次は
ビームスの40周年によって
「ビームス プラス」との
コラボレーションで誕生したバックパック。

ロゴは1983〜1990年の茶タグや
1990〜1993年の紫タグを
ブラックのワントーンに仕上げた特別なもの。

もちろん
こちらもインナーの作りは
現代の最新にアップデイトした
機能的なデザインに。

NEXT PAGE4/ 4

グレゴリーのポーチ

ちなみに
インナーバッグに使用している
ポーチもグレゴリー!
オリーブカラーのポーチの
ロゴは1977年のファーストタグです。

ほんと、いつまでも
好きなモノは変わらないですね〜。


それでは、また次回のブログにて。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事