2017.12.19

大人の"黒"の着こなしは素材とテイスト差をつける

Adelaideclassifieds.JP編集長の前田陽一郎です。メンズの黒コーデは、一歩間違うと"ただの地味な人"になりがち。そうならないために、素材やシルエットに注目した”普段着”の着こなしをしてみました。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/前田陽一郎(Adelaideclassifieds.JP)

Adelaideclassifieds.jp編集長の前田です。
もともとたくさんの色を使った着こなしが得意ではないのですが、なんだかこの冬はモノトーンの着こなしにハマっていまして。

とくにコートの類はいつの間にやら黒ばかり。これじゃいかん、と鮮やかなアウターを着たりもするのですが、気を抜くと結局黒い着こなしになっていて…。

でもね、黒の着こなしは色を使わない分、素材やシルエットに気をつけていないと、それこそ“ただの”黒装束になってしまいます。そうならないよう、僕は素材とテイストで統一感を出しながら、“あえての”黒一色、と見えるように心掛けているつもりなのですが…。

まずはマウンテン(シェル)パーカの黒い着こなしから

パーカは3年ほど前に手に入れたダイワ(釣り具の!)のもの。佐藤可士和さんデザインのハイエンドラインのものですが、ようやく一部セレクトショップでも手に入るようになってきたようです。
もう何度このコーディネイトで休日を過ごしたことか、というくらいのお気に入り。職業柄、平日でも重要な会議やパーティなどがない日はこの格好でデスクワークをしています。

シェルパーカ(厳密にはウィンドブレイカーかな?)はあの釣り具でおなじみのダイワのもの。通常のダイワ製品同様の機能性に、佐藤可士和さんによるグラフィックとデザインでスタイリッシュにまとまっています。ウールのリブパンは先シーズンに購入したドルチェ&ガッバーナのもの。マウンテンシューズはもう7、8年は履いている山陽山長のものです。ブランドも素材もバラバラですが、色と(スポーツという)テイストが統一されるとすんなりまとまりますよね?
インナーにはモンベルの半袖のダウン。この一枚が相当暖かいのです! 
とはいえ、シェルパーカはあくまで冷たい風を防ぐもので、これだと真冬はさすがに寒い! そこで僕は、インナーに必ず薄手のダウンを着ています。愛用しているのはモンベル。おそらくモンベルでは定番商品だと思われますが、少しずつ改良が加えられているようで、これは今年購入したおそらく最新のもの。もう20年近く愛用しています。
PAGE 2

続いてダウンコートの黒い着こなし

以前にもブログにアップした、ヘルノのラミナートシリーズのダウンコートはやっぱり最強。ダウンライナーは取り外し可能で、秋と春にはライトなナイロンコートとしても使えます!
いまのところ、平日(つまり仕事時ですね)のもっともヘビーローテーションな着こなしがこちらです。コートは以前にも当ブログで紹介したヘルノのラミナーシリーズ。スーツはナイロン製でニールバレット。インナーのニットはAMIで、スニーカーもニールバレットです。

なにがいいって、とにかく楽チンで暖かい!スーツはストレッチナイロンゆえに、まる1日着ていてもストレスなし。さらに外に出る時にはお尻まですっぽり覆ってくれるコートのおかげでヌクヌクです。
スーツはストレッチナイロン製でニールバレット。ちなみにナイロンスーツは冬に寒そうでしょ?ところが中にヒートなんちゃらなど着ると、風を通さないので実はかなり暖かいのです。
このコーディネイトのポイントはナイロン。仕事時に着ていながらも、素材は完全にスポーツのそれ。それでも最初にご紹介したパーカの着こなしよりも多少きちんと感が残るのは、コートとスーツがデザインの主張をまるでしていないから、と僕は思っています。

さらにナイロン素材(このスーツは真夏をのぞく3シーズン用)は風を通さないものであれば、アンダーウェアを着込むことで十分暖かいですから、薄着に見えて実は快適というところも、おすすめの理由です!
PAGE 3

最後はレザーコートで大人!な黒い着こなしです

このコートも以前ご紹介したもの、ロエベのレザーコートです。もう6年ほど前に手に入れたものなのに、いまだ現役バリバリなのは、さすがロエベ、ですね。
自分で言うのもなんですが、小僧の頃から憧れていた大人の着こなしがこんな感じ(笑)。大判のマフラーはノーブランド。レザーのベルテッドコートはロエベ。グローブはダンヒル、ウールのスラックスはグッチ、ブーツはトリッカーズです。

このコーディネイトのポイントもやっぱり素材にあります。おわかりのとおり、レザーとウールしか使っていませんが、(写真ではわかりにくいながら)レザーは光沢感の近しいものを、ウールのマフラーとパンツはマットな感じが近しいものを選んでいます。だから、この素材のコーディネイトを楽しむためにも黒で統一したほうが大人だよね〜、と思っています。
ジャケットはカシミアウールのブレザー。パンツとセットアップのようですが、じつは単品ものです。これでタイドアップしたら、それなりのパーティまで対応可能です。
レザーのコートにグローブをしていると、とても仕事中の格好には見えませんよね? でも、この感じならタイドアップさえしていれば、かなり仕事着としてもいけるのではないでしょうか?

黒一色のコーディネイトって、ちょっと単調だったり、つまらなそうな感じもしますが、じつは素材やシルエットやアイテムの選び次第で、イメージからオケージョンまで相当広く使えます。どうにもお洒落がキマらない、という方は初心に帰って単色のコーディネイトからバリエーションを増やしてみてはいかががですか? 黒いアイテムは結局どの色とも相性は抜群ですから、失敗の心配もまずありません。

次のお買い物の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

https://best-cooler.reviews/best-tailgating-cooler/

адаптивна верстка