2017.12.11

スーパーカーをベタ踏みしてみた!

11月18日にリシャール・ミルが主催するレースイベント、「鈴鹿・サウンド・オブ・エンジン」に行ってきたので、そちらの様子をお届けします! 現行のフェラーリにランボ、ロールスが鈴鹿のコースを走り抜ける姿は圧巻でした。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/遠藤加奈(Adelaideclassifieds)

こんにちは、12月生まれの遠藤です。

とうとう誕生日月間突入ということで、そわそわワクワクな師走ですが、去る11月18日に鈴鹿サーキットで行われた「鈴鹿・サウンド・オブ・エンジン」に行ってまいりました。今年で3回目の同イベントですが、年々参加者が増えて今年は最多に。初参戦でしたので、「ル・マン クラシック」の日本版かなーなんて思っていたのですが、これはすごい! その理由は後ほどご説明するとしてサウンド・オブ・エンジンの概要をご説明します。

メインイベントのひとつが、年代ごとのレジェンドかーがデモ走行するというもの。1977年のF1日本グランプリのウイニングカーがいたり、ロータスやウィリアムズの伝説マシンが鈴鹿でバトルをします。これは、クルマ好きにはたまらないイベント。子どもの頃、テレビで見ていたマシンが蘇るというわけです。
そのほかにも60年代のマシンによるヒストリックレースなども開催され、日本にもこんなにクラシックカーを保有している方がいるのか、と驚きました。
で、もうひとつのメインイベントが、リシャール・ミルオーナーによるレース。こちらはリシャール・ミルのオーナーなら参加が可能で、自身が所有のクルマで鈴鹿のコースを走るというもの。ゆえ、全国各地からスーパーカーやクラシックカーが大集合。フェラーリ、ランボルギーニに、ロールス、ポルシェとこれでもか、というスーパーカーが勢ぞろい。それらが、直線でベタ踏みするのが、おもしろい! ロールスがあんなに速く走っているの初めて見ました。普段、公道ではスピードを出すことは難しいですが、レース会場なら(制限はあるようですが)、思いっきり踏めるという、スーパーカーオーナーには夢のようなイベントですよね。
レース前のオーナー専用駐車場は大変なことになってました。これだけのレアな高級車が勢ぞろいするなんて……。お金持ちっていっぱいいるんですねぇ。
リシャール・ミルは、ファミリーを大切にするのはご存知かと思いますが、それらファミリーであるアスリートたちは、競技をする際、実際に時計を身につけています。逆に身につけられないスポーツはスポンサードしません。ラファエル・ナダル選手もいつも身につけていますよね。それと同じなんだなと思いました。どんな美しい時計でも、実際に着用できなければ意味がありません。どんなすごいスーパーカーでもその実力を実際に試せなければ、魅力を存分に味わったとは言えないと思います。そんな実力を実際に試すことができる場を提供するという、これこそホスピタリティの表れだなと、イベントを訪れ感じました。オーナーとは呼ばず、ファミリーと呼び、そのファミリーを大切にするリシャール・ミルならではの素晴らしいイベント。ぜひ、来年は訪れてみてください!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

http://xn----htbbbqamuljibcwx0bn.com

xn----htbbbqamuljibcwx0bn.com

baden-medservice.ru/lechenie-raka-v-germanii-onkologija-gematologija/lechenie-raka-prostaty-v-germanii/