2017.09.03

閲覧注意!?よだれ必至なラーメン日記

CATEGORIES :
文/Adelaideclassifieds 武田一希
前回のブログ“京橋のランチ事情”が皆さまからのアクセスでご好評をいただいたとのことで、心中密かに喜んでいます。Adelaideclassifiedsの武田です。
 
そんなことに“味”を占めまして今回も“食”をテーマに、とりわけラーメンにスポットを当ててお届けします。
『吟醸煮干 灯火紅猿』特製煮干らぁ麺(1080円)+麺大盛り(100円)
まずは四谷三丁目の『吟醸煮干 灯火紅猿』。その名の通り、煮干し系です。同店ではラーメン一杯に対して上質な煮干しをなんと100g!!も使用。そこにプリッとした食感を楽しめるほど大粒な背脂がまぶされます(背脂の量は選択可能。写真は多め)。

煮干し由来の魚の旨味に、背脂由来の豚の旨味が絶妙にマッチし、あっさりなのにガツンとくるオトナな味。まずは煮干しの香りを楽しんでくださいませ。店内は5人程度で満席となるカウンターのみという渋~いお店。この雰囲気がまたいいんです(笑)。

■吟醸煮干 灯火紅猿

住所/東京都新宿区荒木町8-3
お問い合わせ/非公開
『九代目けいすけ』鴨白湯そば(980円)
続いてはGINZA SIXのすぐ近くにある『九代目けいすけ』。丸鴨を使用した贅沢なスープは、鴨ならではの芳醇な香りとコクがクセになります。もちろん、チャーシューも鴨。しかもレア。これがしっとりなめらかで旨いんです!山椒や七味などの薬味も絶妙なアクセントに。人気スポットからのアクセスが良好ゆえ、買い物の合間にもぜひお立ち寄りください。

■九代目けいすけ

住所/東京都中央区銀座6-12-15 いちご銀座612ビル 1F
お問い合わせ/☎03-6274-6655
『藤しろ』鶏白湯特製ラーメン(980円)
最後は三軒茶屋の『藤しろ』。鶏白湯スープがウリの同店ですが、ほかと違うのは出汁にローストした牛肉を使用していること。それによりコクと旨味、そして香りが増しどことなく上品な印象で、ほのかに酸味が効き、濃厚なのにあっさりという独特な風味を持つのです。さらに小麦の香りが立つ主張の強い麺との相性も絶妙。素材の味を生かしつつ、それらをケンカさせずに組み合わせられるのは、元フレンチシェフの店主が持つワザかと。

■藤しろ

住所/東京都世田谷区三軒茶屋1-37-1
お問い合わせ/☎03-3495-7685
今回ご紹介したのはいずれもひと癖あるジャンルですが、試す価値あり!な3店を厳選しました。きっとご満足いただけるはず。ぜひ一度ご賞味くださいまし!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事