2017.06.15

仕事にもアソビにも、デキるオトコは暦を学べ?

CATEGORIES :
文/web Adelaideclassifieds 岸澤美希
Adelaideclassifieds読者の皆さま、いかがお過ごしでしょうか?web Adelaideclassifiedsの岸澤です。
今週の特集「雨のちドラマチック」には、「会話に差がつく!雨降りデートは俳句をちょい足し」という俳句に関する記事がありまして、俳句とその中で使われる「季語」に関してご紹介しています(詳しくは記事をチェックしてくださいね!)。
これは先日金沢の兼六園に行ったときの写真。雨上がり、松の葉に残った雫が綺麗でした。
日本には雨に関する言葉が数多あって、それこそ季節ごとにも、降り方につけても様々。そして美しい響きのモノが多いこともまた特徴ですね。

春なら“春雨”、新緑の頃の“緑雨”、そしてちょうど今の時期の雨を指す“五月雨”に、秋から冬にかけての“時雨”。古来、四季を愛でてきた日本人特有の感性を感じられます。

「季語」同様に四季を大事にする日本人の感性から生まれたもののひとつに「二十四節気」「七十二候」があります。季語が感性から生まれた文化ならば、二十四節気は生活の知恵と言えるものでしょう。

「二十四節気」「七十二候」は暦の未発達だった頃に季節の目安としていたものです(その頃の暦は太陰太陽暦、つまり月の運行を基づいて"ひと月"を考えていたので、現在の暦=太陽暦のひと月よりも短くなってしまい、季節と月が一致しなくなってしまうから目安が必要なのです)。

自然に密着した生活をしていたからこそ、自然の現象の中に季節の移り変わりを発見できたのですね。

現在の年の暮らしは、1年を通して快適な室温に、旬のない食材と、あまりにも自然から乖離してしまった気がします。しかし、そんな時代だからこそ、きちんと季節のことが分かるヒトって素敵ではないでしょうか。

例えば、
「ちょうど今頃から、ホタルって飛び始めるんだ。知ってた?実は、都内で蛍狩りができるホテルがあるんだけど、今度行ってみない」

 なんてお誘いもできる(ハズ笑)なのです。

今回はそんな豆知識的教養を分かりやすく身につけられる本をご紹介。

まずは、山下景子 著『二十四節気と七十二候の季節手帳』。

コチラは、女性らしい優しい語り口で、懇切丁寧に「二十四節気」「七十二候」を説明してくれるので初心者にぴったりな一冊。

まさに今日6月15日(木)までは「腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)」で、ホタルが成虫になって地面から出てくる時期。

ひとつひとつの季節の呼び名に、深い由来があって、昔の人の洞察力と想像力に驚かされるはずですよ。

ちなみに、季節ごとの和菓子も紹介されているので、手土産の参考にもできてしまうのがまた嬉しいポイントなのです。

さて、「二十四節気」からもう一歩踏み込んで、季節ごとの行事の由来まで知ることができるのは、コチラ。新谷尚紀 著『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』

コチラは節気・候の仕組みを説明した上で、特に季節ごとの行事に焦点を当てて解説してくれます。

なんとなく会社や学校の行事っぽい「衣替え」も、実は平安期の祓えの行事だったと分かると…クールビズに切り替わるときに「実はね…」と話したくなりません?
2冊とも共通するのは、やさしく古来の日本人の季節感と暦の仕組みが分かって、柔らかなタッチの絵にほっこり出来ること。

教養づくりはもちろんのこと、忙しい日々の中のひと休みとしても読まれてみては。

二十四節気と七十二候の季節手帳
山下景子(成美堂出版)1200円


絵でつづるやさしい暮らし歳時記
新谷尚紀(日本文芸社)1200円

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

https://medicaments-24.com

шторы блек аут

https://hbhostel.com.ua