• TOP
  • FROM EDITORS
  • 「メルセデス」と「アウディ」、グランピングに行くならどっち?

2019.08.28

「メルセデス」と「アウディ」、グランピングに行くならどっち?

いま話題のグランピング施設、長崎県五島列島にある「ノルディスクビレッジ」と、スノーピークが運営する「フィールドスイート白馬」。それぞれメルセデスBクラスとアウディQ8 TFSI quattroを駆って訪れました。道路事情とクルマのマッチングが絶妙な、モテるお泊まりドライブ旅行となりましたよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/近藤高史(Adelaideclassifieds)

こんにちは、Adelaideclassifiedsのクルマ担当、近藤です。
夏、クルマでお出かけ ── といって真っ先に思い浮かぶのは海、山、そしてキャンプ!ではないでしょうか。ワタクシはこの夏、それらすべてを体験する貴重な機会に恵まれましたので、ここでご紹介したいと思います。
海や崖を背負い、外界からの視線を避けるように島内にひっそりと佇む教会。
迫害されて死刑にされた五島出身の隠れキリシタンの像も。
あの信長や家康の時代、信仰の自由を奪われつつも、ひっそりとキリスト教を信じて守りとおした隠れキリシタンの故郷として有名な長崎県五島列島。この歴史的にも非常に興味深い島に、新しくグランピング施設が誕生しました。それが「ノルディスクビレッジ」です。そしてこのグランピング施設滞在中の足として特別に予約をすると、島内を乗り回せるのがメルセデス・ベンツ B 180。
PAGE 2
日本中あちこち訪れているワタクシですが、五島列島はさすがに初上陸。飛行機かフェリーでしか行けない秘島の周囲には、文字どおり手つかずな美しい青海原がどこまでも続きます。

それでいて島内は意外と水田や畑も多く、実は滋味あふれる食材の宝庫。輸送に時間とお金がかかってしまうため島外に新鮮な食材が出ていかないだけで、魚介類は当然のこと、肉、野菜、コメなどどれをとっても最高に美味なのです。

そんな海あり、街あり、畑あり、ゴルフ場もあり!な島の中を縫うように造られた道は、アップダウンありのいわゆるワインディングロード。大排気量でぶんぶん飛ばしたいというよりは、コンパクトカーですいすいと快適なドライブが心地よい ── 。

そんな道が多く、実にメルセデスのBクラスがぴったり。移動の車内は大人4人だったのですが、狭さなど皆無。外から見るとクーペライクなボディ形状でも、車内は天井も高く、たとえ後席でもゆったりとした空間ですから何時間乗っていても苦にならないのが特長です。

また、ボディサイズも全長×全幅が4430×1795㎜というコンパクトさですから、走って観光をしてクルマを停めて、また観光をしてという旅先でのスタイルにうってつけでした。
PAGE 3
ノルディスクビレッジの朝とメルセデス。ハッチバックは大きく開きやすく、キャンプ用具などの大きな荷物の出し入れも簡単だ。
さて「ノルディスクビレッジ」はというと、前述の五島の山海の幸をふんだんに使ったバーベキューが最高! そして、なんとエアコン付きのリッチなテントにフカフカのベッドというこれぞグランピング!という宿泊施設は大満足。流れ星を眺め、虫やカエルの心地良い大合唱をBGMに、何不自由なくしあわせな朝を迎えることができました。
フィールドスイートのテントとアウディQ8 TFSI quattro。悪路走破性能も非常に高い能力をもちつつもこの見た目ゆえ、グランピングがとても良く似合う。
一方、長野県にあるフィールドスイート白馬に宿泊した時のこと。標高1200メートルに位置するこのフィールドでは運が良ければ最高のご来光が楽しめます。果たしてワタクシは……、はい!見えました(笑)。

遠くの空が白みはじめ、山の上にオレンジに輝く太陽があがりはじめると、一瞬、空気が止まったかのような、まるで息をのむ美しさ。こればかりは一度、ご自身の目で確かめていただきたく。

日本で唯一の山岳リゾートグランピング施設は、その空気、その景色 ── 、登山でもしなければ味わえなかったであろう山の恩恵がラグジュアリーなキャンプも楽しみながら味わえる場所。あまりに非日常すぎるひと時の連続で、これはモテると実感いたしました。
PAGE 4
さて、食材もワインも豊かな長野県。それをアウトドアでいただけるという、これ以上のしあわせな食卓はないでしょう。さらに特筆すべきはこちらの施設。麓からくみ上げてきた温泉を加温して入れる点です。これはうれしい限りですよね。
ドラゴン・オレンジ・メタリックというQ8 TFSI quattroの新色は都会でもアウトドアでも良く映えるカラーで、目新しさもあり、誰もが振り向くモテクルマだ。
このグランピング場に向かったのは、アウディの最新プレミアムSUV Q8 TFSI quattroにて。SUVというカテゴリーに属してはいるものの、リヤに向かって流れるようなシルエットのクーペボディは、単なるキャンプではなくグランピングにこそぴったり。もちろん都会のホテルやレストランでもイバリが効く風格を備えていますが、アウトドアにも映える品よく美しいデザインはこのクルマの特長のひとつと言えましょう。

もちろん走りも秀逸。とにかく静かな車内がラグジュアリーなプレミアムカーそのもので、スポーツモードでアクセルを踏み込めば、フワッとこれまた静かに加速してくれて、高級サルーンのような乗り心地でした。

離島のワインディングロードをコンパクトカーで冒険するか、広大な山へプレミアムSUVで出かけるか ── 。この秋、貴兄はどっちのグランピング体験、してみますか?

■ お問い合わせ

ノルディスクビレッジ
住所/長崎県五島市富江町田尾1233
TEL/0959-86-3900
HP/www.nordiskvillage.jp

Mercedes B 180
HP/https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/b-class/b-class-hatchback/explore.html

スノーピーク フィールドスイート白馬 北尾根高原
住所/長野県北安曇郡白馬村北城4487-4 八方尾根・北尾根高原内
TEL/090-2524-4555
HP/fieldsuite-hakuba.com

Audi Q8 TFSI quattro
HP/https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q8/q8.html

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL