2019.03.28

リシャール・ミルで子供たちを笑顔に!

数々のチャリティを行っている超高級時計ブランドのリシャール・ミルが、北海道の旭川でチャリティイベントを開催。ソチ五輪銀メダリストの竹内智香さんが発起人のこのイベント、一体どんな内容だったのでしょうか?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/遠藤加奈(Adelaideclassifieds)

こんにちは、遠藤です。先日旭川に行ってきました。スキーをしに行ったわけではなく(結果的にスキーもしたのですが)、リシャール・ミルがスポンサードするチャリティイベントに参加してきたのです。
リシャール・ミルといえば、たくさんのアスリートがそのファミリーの一員ですが、ソチ五輪、銀メダリストのスノーボードアルペン選手、竹内智香さんもそのひとり。竹内選手は旭川出身で、何を隠そう今回のイベントの発起人なのです。

2018年に起きた北海道胆振東部地震で被災にあった子供たちの支援や、アスリートを身近に感じでスノーボードをもっとたくさんの子供たちに楽しんでもらいたい、という目的で開催されたこのイベント。
竹内選手の大親友で、金銀のメダリストであるショッホ兄弟もスイスから駆けつけ、子供たちに手取り足取り、スノーボードを教えるというなんとも豪華な内容でした。
当日はスノーボードアルペンのタイムアタックに子供たちがチャレンジするという内容で、幼稚園の子どもたちも参加しており、見ていてとっても微笑ましく、表彰式で大喜びする素直な子どもたちに癒され、思わず涙しそうになりました。
PAGE 2
意外だったのは、イベントを行った東川町には200名くらいの小学生がいるそうですが、中でもスノーボードをやっているのは20名ほどとのこと。イメージで北海道の子どもはみんなスノボやスキーをやっているものと思っていましたが、最近はゲームや他の習い事なんかも増え、ウィンタースポーツをやる子どもがそこまで多くないんだそう。今回のイベントでは、ほぼ初めてスノボをやった子どもさんもいて、少しでも多くの子供たちがウィンタースポーツに勤しんでくれ、未来の竹内智香さんになってくれたら!と思いました。
イベントは旭川のキャンモアスキービレッジというこじんまりとしたスキー場で行われたのですが、滞在したのはなんと、智香さんのご実家!
PAGE 3
と言っても秘湯を守る宿にも所属する歴史ある温泉宿「湯元 湧駒荘」。温泉内にいくつもの源泉が湧き出る珍しい温泉で、しかも加水を一切していない、正真正銘の源泉掛け流しのお風呂があるんです!!!
私、源泉掛け流しラバーなのですが、ここのお湯は本当にしっかりとした重めのお湯で、とっても気持ちよかったです。スキーもちょこっとしたのですが、筋肉痛も一切なく、翌日もすこぶる快調で、朝からラーメンを食べに行ったほど。
食事も土地のものを活かしたお料理で、箸休めには湧き水ゼリーなんかも登場。
旭山動物園に行かれる際は、こちらの宿に泊まることを大オススメします。


文字で書くと、よく聞く言い回しになってしまうのですが、実際に目で見て耳で聞く子供たちの笑顔は、かけがけのないものでした。特に被災した子供たちが1日でも早く、笑顔あふれる普通の毎日が過ごせるように、自分でできることからサポートしていけたらと思いました。このブログを読んでいただいた方の心の片隅に、少しでもそんな気持ちが残ったら幸いです!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL