2019.03.22

春本番、あのコをスキーに連れていくならココ!

春本番。アウトドアを楽しめる季節の到来ですが、雪山を忘れちゃいけません。東京から新幹線で1時間15分。GALA湯沢駅到着から駅直結のサロモンステーションを利用すれば、最短30分でゲレンデですよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/吉田奈緒子(Adelaideclassifieds.JP)

こんにちは。シアトル・マリナーズのイチロー選手の電撃引退を知り、テレビに釘づけになりながらこの原稿を書いているAdelaideclassifieds.JPの吉田です。日米通算で、数々の偉大な記録を打ち立てた選手がユニフォームを脱いだ日は、くしくも東京で桜の開花宣言があった日と重なり……ということで(強引な繋ぎ方でスミマセン)、いよいよ行楽地へのドライブやゴルフなんかも楽しくなる春本番に突入するわけですが、雪山の方だってまだまだ遊べます!
 
先月、アメア スポーツ ジャパンさんのご案内で、新潟県・GALA湯沢スキー場で開催されたメディアイベントに参加し、改めてスキーの醍醐味を体感させていただきました。1年以上のブランクがどう影響するか不安でしたが、サロモンステーションでお借りした板が良かったせいか、それも杞憂に。
この日、鉢合わせした大学時代のスキー部仲間で同級生のスタイリスト、芥川くんも「この板は、水分を多く含んだ雪質でも扱いやすい」と言っていたし、使用したレンタルスキーはコブ斜面でもコントロールしやすかったです(一気に降りられなかったのは私の技術不足のせい……)。さすが、世界最大級と言われるステーションだけに、板やボードは約7000台も常備。毎年約33パーセントずつ入れ替えており、メンテナンス体制も万全。
PAGE 2
北海道のスキーリゾート同様に、GALA湯沢スキー場でもインバウンドのスキーヤーは年々増加中の模様。なにせ都内を観光して東京駅から新幹線に乗っても、たったの1時間15分でGALA湯沢駅に到着、目の前がゲレンデですからね(途中の大宮駅などを拠点にやって来る外国人利用客も増えているそう)。

駅直結のサロモンステーションでギアとウエア類を借りれば、まさに手ぶらでスキー&スノボーを楽しめるというもの。これなら、日々忙しいビジネスマンでも楽々日帰りスキーができます。ただし、週末も含めて休日は混雑するので、レンタルはウェブで済ますのが賢明です(※記事最下部にURLあり)。
実は2回目の参加となるこちらのイベント、今回は隣接する石打丸山スキー場のゲレンデも滑走しました。小6以来の来場に懐かしさを感じつつも、驚かされたのは、最新鋭のラグジュアリーリフトが導入されていたこと!
次世代型リフト「サンライズエクスプレス」の降り口
入り口でゲートを抜けると、ベルトコンベアーが乗り場へと誘導してくれる。
ヨーロッパの高級スキーリゾートでも採用されている「サンライズエクスプレス」は、6人乗りチェアと10人乗りゴンドラの混合リフトです。実際に乗ってみると、どちらも座り心地はまるで高級車のシートのよう。ゴンドラ内に至っては暖房まで効いていて、とても感動しました! かつてのスキーブームから30年以上が経ち、リフト老朽化に伴い、全国のスキー場から関係者が視察に訪れているようですよ。
PAGE 3
GALAスキー場は、最長でGWの5月6日まで、石打丸山スキー場は4月7日まで営業予定。これからは寒さに凍えることもなく、晴れたら薄着でも滑走できそうです。思い立ったらパッと行ける2スキー場、オンシーズンは続きますよ!

■ GALA 湯沢 サロモンステーション

URL/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL