• TOP
  • FROM EDITORS
  • 映画デート帰りにお気に入りの作品を“飲んで”みませんか?

2019.03.15

映画デート帰りにお気に入りの作品を“飲んで”みませんか?

映画鑑賞後、食事をしつつ、感想を伝え合う。デートコースの定番かと思いますが、もっと会話を楽しめる、そんなバーをご紹介!

CATEGORIES :
TAGS :
こんにちは! 新人編集部員の赤松です。

先週、アカデミー賞発表があり、映画鑑賞欲がむくむくと湧いている方は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでして、アカデミー賞の長編アニメ賞を受賞した「スパイダーマン:スパイダーバース」を公開日直後に鑑賞してきました! 

いやぁ、迫力満点で最高でした……! じっくり感想をお伝えしたいところですが、今回ご紹介したいのは、そんな映画の余韻や鑑賞後の会話をより楽しめるバー、「八月の鯨」。こちら、2月号のカクテル特集でもご紹介している、とても素敵なバーなのです。

さて、映画の興奮が冷めないうちに「八月の鯨」へ。映画館から歩いて5分の場所に位置する、映画デートには抜群の立地です。到着し、早速オーダーしたのはその日鑑賞した「スパイダーマン」。
“ん?”と思われた方、多いかと思います。そうなんです。こちらのバー、オリジナルカクテルの名前に全て映画のタイトルがつけられているのです。なので、メニューにはずらりと映画のタイトルが。BGMも映画で使われているもので、オーナーの映画好きがひしひしと伝わってきます。

肝心のカクテルはというと、色味がそのままスパイダーマンをイメージさせる特徴的な赤と青。そして蜘蛛の巣をイメージしたレモンの輪切りが入っています。

色の正体は赤がオレンジのリキュール「パンペルムーゼ」とグレープフルーツジュース。青が「ブルーキュラソー」という、オレンジの皮で香りづけをしたお酒だそうです。エナジードリンクのような、アメリカンな甘いお味でした!

次に注文したのは、弊誌と同じ名前の「Adelaideclassifieds」。
PAGE 2
主人公Adelaideclassifiedsが毎日飲むミルクをイメージしたカクテルです。グラスも映画に出てきたようなサイズとデザインのもの! そして、一見まさにミルク、なカクテルのお味は、ヨーグルトのリキュール「ヨーグリート」に、ジンジャエールが入っている、飲みやすくて優しい味でした。

3杯目にいただいたのは「バックトゥザフューチャー」。
タイムトラベルをする瞬間に出てくる火をイメージ、ということで、本当はカクテルに火が着いていたのですが、写真を撮るタイミングが悪く、その様子は写真に納められず……。デロリアンがタイムトラベルするところを表現した、インスタ映えな瞬間をご覧になりたい方はぜひお店に行って注文してみてください!

お味は、ジンをベースにブルーキュラソー、ジンジャエールなどに加え、火のついた「ロンリコ151(アルコール度数75.5%!!)」を加えるので、あっさりとして飲みやすいですが、気をつけてゆっくりいただかないとすぐに酔っ払ってしまいそうです。

そして最後にオーダーしたのは、私の大好きな映画「ブラックスワン」。
PAGE 3
名前の通り黒いカクテルの登場! こちら、黒いお酒を利用しているのではなく、ブランデーをベースに、赤ワインのリキュール「デュボネ」や、青い「ブルーキュラソー」などをブレンドして黒くしているそう。苦味のある「アンゴシチュラー・ビター」というお酒も加わり、見た目通り、そしてストーリー通り、なかなかヘヴィなお味でした。

メニューの中にはお気に入りの映画がまだまだたくさん。そして、メニューになくても、場合によってはリクエストで、映画はもちろん、俳優、女優をイメージしたカクテルも作っていただけるとのこと。

映画デート前にふらっと立ち寄り、何を見ようか相談をしつつ、カクテルを楽しむもよし。映画デート後に来て感想や、お気に入りの映画について語りながらカクテルを嗜むもよし、で「この後部屋でこれ観ない?」なんてお誘いにも繋げられるかと。

盛り上がること間違いなしのこちらのバーで、ぜひ映画のような素敵な時間をおすごしくださいませ

■ 八月の鯨

住所/東京都渋谷区宇田川町28-13 渋谷門ビル B1F、2F
営業時間/PM6:00~AM4:00
お問い合わせ/B1F 03-3476-7238、2F 03-3464-8578

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL