2019.03.05

いまタイ旅行はバンコクステイがますますおもしろい!

ゴルフにグルメにビーチに観光(時々、ビジネス)――。いま、タイ旅行が密かなブーム。そんな背景もあって現在、バンコクは都市部の開発が進み、ラグジュアリーホテルの建設ラッシュなのですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

近藤高史(Adelaideclassifieds)

コップンカー。寒い冬がちょっぴり苦手なAdelaideclassifieds編集部の近藤です。よーやく寒かった冬も終わり、季節は春、そして初夏へと巡っていきますね。うれしい(笑)
さてさて、たとえ仕事であれ、プライベートならなおのこと、そんな冬の東京を脱出し、南国へ行けるってとってもしあわせを感じちゃいませんか? ということで、この冬、しあわせを感じたのが――タイ、バンコク(出張)でした!

タイ国際航空の深夜便がとても便利。羽田をテッペン時くらいに出発して到着は現地の早朝。着いた日から精力的に動けますからね。で、今回のステイ先がこちら! 「ホテル・ニッコー・バンコク」です。
PAGE 2
すぐ近くのルーフトップバーから見るとご覧のとおり。左に走っているのがスカイトレイン。駅から徒歩すぐの立地。
バンコクの中心部、トンロー地区に1月に開いたばかりの真新しいホテル。ですが、すでに星5つです!
渋滞が激しい昨今のバンコクでは、時として電車移動がラクチンなのですが、駅から徒歩1分ほどというのもうれしい限り。ホテル周辺にはレストランもマッサージ店も数多く、何不自由ないバンコクステイが楽しめます。
では、肝心なホテルステイはというと――。まず、客室はシンプルリッチとでも申しましょうか。タオルはふかふか、アメニティはタイの有名ブランド「パンピューリ」製とあって言うことなし!
で、さらにうれしいのがこちら、食事がほんまもんの5つ星なのです。

ブリの照焼き、筑前煮、枝豆などなど、バンコクでもおそらく初という本格お総菜のビュッフェスタイルが朝から楽しめること。そのお味はというと、どれも日本にいると錯覚してしまうほどのおいしさなのです!
聞けば、タイやタイ隣国では最近、日本野菜の栽培が盛んで非常に質の高い野菜類がとれるのだとか。

それでも足りない食材は日本から直輸入というこだわりようですから味の保証は間違いありません。ランチのちらし寿司も本当においしかった! バンコクは街へと出歩いていると、何かとタイ料理を口にしますので、ホテル滞在中は和食というのは、胃も心もとってもうれしいのですね。

さらにホテル内にはジムも。こちら、タイならでは。キックボクシングのトレーニングマシンまでありました(笑)。そして都会にしては広く気持ちのいい直線25Mのプール付き。もちろんプールサイドにはバーもオープン予定です。
PAGE 3
バーラウンジでは遅くまでお酒も楽しめますし、ぜひまた訪れたい!これならバンコク出張が楽しみになります! あ、もちろんプライベートでもお邪魔したい、そんなホテルが新しくオープンです。

オマケ

寒い東京を飛びだして、日本の南国、そう沖縄も行ってまいりました。
3月25日発売のAdelaideclassifieds5月号の撮影なのですが、お邪魔したのは「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」。片方の窓からはオーシャンビュー、もう片方は併設するゴルフ場ビューという最高の立地。インフィニティプールも美しく、東京に帰りたくない!と何度、口にしたことか(笑)。

5月号でもゴルフ場併設のリゾートホテルということでご紹介しておりますので、ぜひお手にとってご覧になってくださいまし。ということで、すっかり脱出癖がついてしまったワタクシ。でも、北海道出張と長野出張という氷点下も味わった今年の冬でした。


住所:27 Soi Sukhumvit 55 (Thonglor), Sukhumvit Road, Klongtan Nua, Wattana, Bangkok 10110
予約・問い合わせ:オークラニッコーホテルズ予約センター
TEL:0120-00-3741(9:30~18:00/年末年始を除く)


住所:沖縄県国頭郡恩納村安富祖1079
予約・問い合わせTEL:098-983-3333

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL