2019.02.14

ポルシェのEVタイカンがおまけ!?

右も左もコラボの嵐な、ファッション業界ですが、とても意味のあるコラボが実現。未来を見据えた2社のコラボレーションは意味もありながら、至極ラグジュアリー。ラグジュアリーってこうでなくっちゃ、というお話です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

遠藤加奈(Adelaideclassifieds)

こんにちは、遠藤です。消費とエコって結びつくのか?なんてことを考えている今日この頃。私が大好きな2社のコラボのニュースが飛び込んできました。

2021年にオーストリアにて完成予定の「シックスセンシズ キッツビュール アルプス」。こちらのシャレー(ロッジ)を購入すると、ポルシェの電気自動車「タイカン」が付いてくる!というもの。素敵すぎます。
そもそもシックスセンシズは自然環境の保護とローカルとの共生を理念としているので、このコラボはサスティナビリティの観点からも非常に納得がいくものですし、このスーパーリッチなシャレーに置いておくための、“リッチな置きクルマ”としてもタイカンはぴったり。タイカンは4駆ですし、ポルシェだったらラグジュアリーなライフスタイルにぴったりかつ、山道や雪道でも安心してハンドルを握ることができるでしょう。
タイカンは15分で80%、20分でフル充電でき、530㎞の走行が可能。非接触充電可能なので、地面に充電設備を埋め込めば、駐車するだけで充電できるとも言われています。従来のEV車は400Vですが、800Vの電池システムを採用予定。観音開きのドアが特徴で、今年から本格的に生産を開始し、日本発売は2020年予定だとか。
PAGE 2
「シックスセンシズ キッツビュール アルプス」は80室の客室と60戸のプライベートレジデンスがあり、60戸のプライベートレジデンスには、ベッドルームが4~5部屋あるシャレー、1~4ベッドルームのアパートタイプがあります。タイカンを所有できるのはこのシャレータイプ。お値段はきっとすごいことになりそうですが、お子様がオーストリアやスイスのプライベートスクールに通っていらっしゃるご家族の休暇用や、山登りやスキーを愛するセレブの方にいかがでしょう? もちろん、オーナー不在時には、ゲストルームとして運用することができますから、投資用にもいいかもしれません。

ファッション業界はコラボで溢れておりますが、とても意味のある未来のあるコラボレーションに心踊りました!
あー寒いからプーケットのシックスセンシズ ヤオノイに行きたい〜。大好きなリゾート❤︎
PAGE 3

■ Six Senses Hotels Resorts Spas 

リゾートの予約/0120-921-324
お問い合わせ/[email protected](日本語対応)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL