• TOP
  • FROM EDITORS
  • iPhoneの「CarPlay」は最強だけど、カーナビはまだ必要かも

2019.02.07

iPhoneの「CarPlay」は最強だけど、カーナビはまだ必要かも

アップルが提供するiOSのナビ連動システム「CarPlay」。このたび自分のクルマにもCarPlay対応ナビ「MDV-Z905W」を導入したのでレビューします。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/平井敦貴

ナビ選びはクルマ選びと同じくらい難しい

こんにちは、Adelaideclassifieds.JPの平井です。

突然ですが私、このたびクルマを新調しました。

で、新しいクルマといえばカーナビ選びはその大事な要素。ガジェット好きとしてはクルマ本体と同じくらい選ぶのが難しいものでもあります。しかも今やカーナビは大画面化が進んでいて10インチや11インチは当たり前。スマホに大きく劣っていた操作性もモノによってはだいぶ改善され、選ぶ悩みは膨らむばかりなんですね。

もちろん「メーカー純正ナビ」というのも選択肢としてはあるのですが、こちらは割高感があったり好みが分かれる機種が多かったりで、さらに選ぶのを複雑にさせます。

「カーナビは何を買ったら正解か」というのは、実は結構分からないものなんです。

CarPlay対応ナビ「MDV-Z905W」を購入

今回私が購入したのはケンウッドの「MDV-Z905W」。7インチ型なので今の時代ではちょっと小さめかも。
そんな中、今回私が選んだのは大画面のタイプやメーカー純正のものではなく、ケンウッドの「MDV-Z905W」という7インチの機種。その理由としては、アップルが提供する「CarPlay」が使える数少ない機種だからです。

ところで、この「CarPlay」というモノ、皆さんはご存知でしょうか?

簡単に言うと、iPhoneなどのiOS機器を接続するだけで「マップ、通話、音楽」などのiPhoneアプリが「カーナビ側」で使えるようになるシステムのことなんですね。

これが中々秀逸なので、ここでレビューを行っていきたいと思います。
PAGE 2

USBケーブルを挿すだけでCarPlayは起動

カーナビとiPhoneをUSBケーブルで接続するだけで自動的にCarPlayモードが起動。
まずはその接続ですが、方法はいたって簡単。カーナビとiPhoneをUSBケーブルで接続するだけでCarPlayは勝手に起動します。本当にそのままブスッと挿すだけで、iPhone側にアプリを入れたりする必要もありません。ナビ画面にCarPlayの切り替えボタンが表示されるので、それをタップすればすぐに使えるようになります。
CarPlayが起動したところ。ナビ側にiPhoneと同じようなアプリのアイコンが表示され、iPhone側にはCarPlayのマークが表示されます。
こちらがCarPlayが起動した画面。見慣れたアプリのアイコンがカーナビ側に表示されます。iPhone側にも「CarPlay」のアイコンが表示されますが、このアイコンはすぐに消え、その後は通常通りに使えるようになります。つまり対応アプリであれば、iPhone、カーナビ、どちらからでも操作が可能になるということなんですね。
CarPlayモードになると、カーナビ側でもタッチパネルや音声入力が可能になります。
CarPlayのホーム画面がこちら。電話・ミュージック・マップ・メッセージ・Podcastといったアップル純正アプリのほか、Google MapsなどのCarPlay対応アプリも表示されます。

それでは早速、アプリを起動させてみましょう。

まずは電話アプリをタップしてみます。
連絡先や履歴など、iPhoneと同様にで電話をかけることができます。
電話アプリの起動画面がこちら。履歴や連絡先の他、キーパッドから直接かけることもできます。カーナビとスマートフォンをBluetoothで接続するのは今や常識ですが、そこから一歩先を行くシステムとなっています。

ちなみにちょっと試した感じでは、カーナビから履歴の電話をかけられるのはいちいち電話をロック解除したりする必要がなく想像していたよりも便利でした。
PAGE 3
CarPlayでミュージックアプリを起動した画面。
続いてはこちら、ミュージックアプリを起動したところです。iPhone側の音楽プレイリストがカーナビ側で選択できるようになります。と言っても、これに近い機能は各社のカーナビでもできるのでそれほど珍しくはないでしょう。

強いて良かったポイントを挙げるならば、曲のシーケンスがカーナビ側でできるところ。一曲送りや一曲戻しではなく、曲中の好きなところをタッチ操作で探せるのはスマホ同様の操作感で快適です。また、運転中にスマホを操作するわけにはいかないので、ナビ側で曲の操作ができるのはやはり大きなメリットです。
メッセージアプリを起動したところ。入力は音声によって行うのが基本です。ちょっと使いにくいかも?
続いてはメッセージアプリを起動させてみました。そもそもメッセージアプリを個人的にほとんど使わないので「このアプリはCarPlayにあってもなくても…」という印象です。

さらにナビ側でのメッセージ作成は音声入力がベースとなるため、操作感はイマイチ。このアプリを使うことはよほどのことがない限り(個人的には)多分なさそうです。
PAGE 4

アップルの「マップ」か「Google Maps」か

純正アプリ「マップ」で京橋近辺を表示。
続いて、CarPlayのメイン機能である「マップ」についての使用感です。この機能は果たして「ナビ」の代わりになるのでしょうか?

ちなみにCarPlayに対応しているナビ系アプリは2つ、アップル純正の「マップ」「Google Maps」になります。

まずは純正の「マップ」です。試しにAdelaideclassifieds.JPの編集部のある京橋近辺を表示させてみました。
純正の「マップ」アプリで3D表示をさせたところ。
左上の3Dボタンでオンオフ切り替えできますが、このように3D表示をさせることもできます。純正の「マップ」アプリは精度が低い印象があったためあまり使用していなかったのですが、CarPlayで試してみると思ったよりもきちんと表示されていて驚きです。

また、目的地設定をすれば一般的なカーナビと同じような画面(進行方向に向かっていく画面)に切り替わり、ルート案内をしてくれるので、CarPlayを知らない人がみたらナビと見分けはつかないかも知れません。
CarPlayでGoogle Mapsを起動させたところ。
続いてこちらは「Google Maps」で京橋近辺を表示させたところです。「マップ」よりも少しスッキリした表示となっています。こちらも目的地をセットするとカーナビと同じようにルート案内を行ってくれます。

個人的には「Google Maps」の方が操作に慣れているので、「マップ」アプリよりも利用頻度は高くなりそうです。ちなみに、目的地の設定はナビ側だけでなくiPhone側でも行うことができ、それぞれ音声入力にも対応しています。

個人的にカーナビの操作でちょっとイライラするのに「目的地の入力」が挙げられますが、それが音声入力などの慣れた操作で行えるのはポイントが高いです。
MDV-ZX905Wのナビ画面。改めて見るとゴチャゴチャしたUIに感じられます。
一般的なカーナビと比較してみましょう。こちらは「MDV-ZX905W」にもともと付いているカーナビ機能です。スマホライクなCarPlayと比べてみるとUIがゴチャゴチャした印象ですね。音声入力には対応していないため、目的地を設定するにはいちいち名称や住所を手打ちで入力する必要があります。
カーナビでの目的地検索。これ、イライラするのは私だけでしょうか?
皆さんも見覚えのある一般的なカーナビのこの画面。あいうえお順のキー配列だったりして、目的地の入力に手間取ったりしていませんでしょうか?

その点、CarPlayならGoogle Mapsアプリに向かって目的地を音声で伝えるだけで済むので目的地設定がラクラク行えます。やはりスマホに慣れてしまうとカーナビの入力は面倒ですよね。

結論、カーナビの代わりにはなるけれど・・・

ということで総括です。使い始めてまだ日が浅いのですが、「CarPlay」は「カーナビ」の代わりになる、というのが一旦の結論です。大抵の場所へは「Google Maps」なり「マップ」なりが案内してくれるので、カーナビが不要になる時代はもうすぐそこまで来ているのかも知れません。しかしながら、使い比べてみてのデメリットも感じたのでそれを最後に記しておきます。

■デメリットその1
高速道路優先と一般道優先を都度変更ができない
これは結構大きなデメリットです。通常のカーナビだと目的地設定をしたらすぐに一般道優先か高速道優先かを選べるのですが、マップ系のアプリではそれができません。有料道路を使うか使わないかを設定画面に戻って変更しなければならず、大変手間がかかります。最初のうちはこれに気づかず、少しの移動でも何度も高速道路へ誘導されてしまう事態が発生しました。

■デメリットその2
細かい道を行きたがる
特に「Google Maps」がそうですが、1分1秒でも早いルートを選んでいるのか、細い道でもおかまいなしにルート案内を進めます。一般的なカーナビは比較的大きな道を選んでくれるので安心ですが、大きなクルマや運転に自信のない方にはちょっと辛いかも・・・というシーンが多々ありました。

大きくは上記の2点がカーナビと比較した上でのデメリットとなります。

というわけで、確かに「CarPlay」は「カーナビ」の代わりにはなるのですが、上記のことを踏まえるとまだ完全に乗り換えするには早いかもしれません。ぜひ、次のクルマ(カーナビ)選びの参考にどうぞ。

KENWOOD

URL/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL