• TOP
  • FROM EDITORS
  • 肉三昧デートにオススメの「肉友」で、彼女と肉まみれ!

2019.02.03

肉三昧デートにオススメの「肉友」で、彼女と肉まみれ!

吉祥寺の肉の名店「肉山」がプロデュースした日本橋の「肉友」。飲み放題付きで1万円ポッキリで至福の肉体験が楽しめますよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/森本 泉(Adelaideclassifieds.JP)

こんにちは、モリモトです。突然ですがオヤジでも、時にすごく肉を食いたくなること、ありますよね? 私はよくあります。最近は女子も肉好きが多く、何食べ行く?と聞くと「肉!」と元気に返されることが多いような気がします。そんな時に絶対オススメなのが、こちらのお店「肉友」。

彼女と肉友……なんか隠微な想像をしているアナタ、欲は欲でも食欲でつながる友情なのですよ、このお店の場合。場所は三越前、日銀の裏の方。神田からも歩けます。ビルの谷間にひっそりと佇む、奥まった2階にその店はあります。
実はこちら、肉好きの皆さんならご存知、吉祥寺の“予約困難”赤身肉専門店「肉山」のプロデュース店。オーナーシェフの住友健一郎氏が「肉山」の光山英明氏と組んでオープンさせ、公募で付けた店名が「肉友」。住友さんの1字が入ったのはたまたま、のようですが、しかしうまい名前をつけたもんです。まさにこの店は「肉は友達!」とばかりに、牛、豚はもちろん馬、鹿、鴨などさまざまな肉を楽しめるお店なのです。
夜のメニューは月替わりのコース1本勝負(6500円/税別)。潔いです。これに飲み放題(3500円/税別)をつけても1万円+税。しかも飲料はビールから、スパークリングを含めたワイン、ウイスキーに日本酒に焼酎にと何でもござれの大盤振る舞い。コスパがいい、という表現をAdelaideclassifieds的には好きじゃありませんが、そのお得感は半端ではありません。
さて、こちらは1月のメニューなので、今は変わっていると思いますがご紹介させて頂きます。最初に出てくるのはアミューズ。自家製鴨生ハム、豚ナンコツくんせい、生ハムの盛り合わせ。写真は2人前です(以下同)。個人的には鴨生ハムが美味しかったです。
PAGE 2
お次2品目は「冬野菜、豚肉コンフィ、チーズのサラダ」。ドレッシングの酸味が効いて、異なる食材の食感の組み合わせが実にデリシャス。お洒落なひと皿です。
3品目は「牛ハチノス、豚足、白いんげん豆グラタン」。ここでちょっと温かい皿が。濃い目の味付けはビールにも赤ワインにも合いますよ。
4本目は「骨付 豚ロース 炭火焼」。見るからに美味そうでしょう。ジューシーで肉の旨味が凝縮されている感じです。
PAGE 3
5品目は「エゾジカ スペアリブ赤ワイン煮込み」。冬ですもの。ジビエです。彼女と一緒に骨にしゃぶりつきましょう。
6品目は名物の「ローストビーフ」。分厚いです。ほぼステーキです。赤身肉の美味しさを胃袋全体で堪能できます。付け合わせのポテトも絶品です。
7品目、シメのご飯は「牛スジの醤油煮込み丼」。ウズラの卵と混ぜていただきます。山椒が効いてます。
PAGE 4
8品目、最後は「自家製プリン」。デザートだってしっかり美味しいんです。
これでお腹一杯になります。しかも、こちら閉店まで時間無制限なので、お尻(時間)を気にせずゆっくり食事とお酒が楽しめる。最高です。
尚、「肉友」ではランチもやってまして。そちらの名物が「ローストビーフ丼」(2000円/税込)。野菜の甘みがクセになる本格的なスープと、おかわりできるグリーンサラダがついてます。丼はとにかくすごいボリューム。そしてもちろん美味い! 食べ終わると身体が半分牛になったケンタウロス(本家は馬ですが)のような気分です。肉好きのオアシスとして、覚えておいて損はないですよ。

◆ 肉友

住所/東京都中央区日本橋本石町3-2-5 マレ本石ビル2F
営業時間/11:00-14:00、17:00-23:00(L.O.22:30)
定休日/日曜
お問い合わせ/03-5203-8040

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL