2019.02.02

AKGのイヤフォン買ってみた

高級オーディオメーカーとして有名なAKG。そのなかでも中間機種として人気のAKG N25を購入リポートします!

CATEGORIES :
CREDIT :

文/高橋大(Adelaideclassifieds.JP)

みなさんこんにちはタカハシです。
寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
今週は、機能的なアウトドアウェアをあれこれ紹介していますので、是非ご活用ください!

さて、ばっちり防寒してお散歩するときにあると楽しくなるのが音楽。
そんなときに音が良ければ気分も上がりますよね。
というわけで、あれこれ調べて買ってみました。
こちら。
AKGのイヤフォンです。
AKGとえいばオーディオ好きには超有名なオーストリアの名門です。
僕のイメージでは、ヘッドフォンで十数万する超高級メーカーだったのですが、こちらのお値段……
なんと。
と、その前に。
箱をあけるとこんな感じ。
ケースはもちろん、飛行機用のジャック、そしてイヤーチップも4サイズ同梱されています。
イヤフォンってフィット感がかなり重要なので、XS〜Lまで入っているのはうれしいですよね。
僕は標準のものでピタっときました。
PAGE 2
本体はこんな感じ。
大きすぎず、丁度いいサイズ感と重さです。
このちょっと楕円な感じには音質の秘密があります。
その秘密というが、このN25の最大の特徴。
デュアルダイナミックドライバ。
って、何かというとこの小さいボディのなかに音を鳴らす装置が2つ入っているんです。
もちろん、高級機で珍しくない仕様なんですが、ダイナミックという部分がキモ。
2つドライバーを仕込むイヤフォンで多いのは、低音中音用にダイナミックドライバー、高音用にBA(バランスド・アーマチュア)という構成。
このBA型というのは、繊細な音が表現できるので高級機になるとよく使われています。
N25はダイナミックドライバーが2機なので、構成からみると高音域の繊細さは期待できなさそう。
ですが、結果はそれがいい塩梅でした。

BAとダイナミックドライバーで構成したイヤフォンでは、ちょっと音のバランスが極端になってたりするのですが、このN25は同じドライバーでサイズを変えているおかげで、低音から高音まですごく自然でした。

とんでもなくイイ音! というわけではないですが、耳に優しく、脚色されていない音なので、どんなジャンルの音楽でも破綻せず聞かせてくれます。

さらに、細部の作りも、丁寧。
PAGE 3
ケーブルもこんな感じで布張り。
音量の調整ボタンにはマイクも内蔵されているので通話もそのまま出来ます。
そんなわけで、久しぶりにちゃんとした音で音楽を聴けて、やっぱり音楽大事なぁと実感。
あ、お値段。
11,880円です。本来は19,880円だったみたいなんですが、最近8,000円も値引きされたんです。
といわけで、この価格帯なら圧倒的にオススメです。
ただ、最新のiPhoneだとフォンジャックがないので、、アダプタが必要になっちゃうんですが……
あと、音源自体もクラウドだと物足りなく感じちゃうかもしれないです。
私もちょっと非圧縮音源で聴きたくなっちゃってます。
なので、お散歩のときのBGM用ぐらいがほどよいなぁと思ってます。
というわけで、ではまた!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL