• TOP
  • CARS
  • “ファーストクラス”の乗り心地? プジョーのSUVがラグジュアリーに進化した!

2018.08.19

SPONSORED

プジョー「3008 GT BlueHDi」と「5008 GT BlueHDi」

“ファーストクラス”の乗り心地? プジョーのSUVがラグジュアリーに進化した!

フランス生まれのデザインにSUVの力強さを兼ね備えたプジョー「3008」と、兄貴分の「5008」。その最上級グレードである「GT BlueHDi」が大幅アップデイト!ここでは、新たに導入された「ファーストクラスパッケージ」の魅力をご紹介!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/平井敦貴

合言葉は「ファーストクラスに乗ってみない?」

空の移動において、ファーストクラスは最上級のステイタス。誰しも一度は憧れるものでしょう。そんなフライトサービスの名を冠した「ファーストクラスパッケージ」が、プジョー「3008 GT BlueHDi」と「5008 GT BlueHDi」に搭乗、いや登場したのをご存知でしょうか?
プジョー 3008 GT BlueHDi(左)と5008 GT BlueHDi(右)。
8速ATやパッケージオプションが追加された、プジョー 3008 GT BlueHDi(左)と5008 GT BlueHDi(右)。5008は3008をロングボディ化し、7人乗りに仕上げたモデル。
もともとコンパクトSUVである「3008」をロングボディにし、7人乗りとした「5008」。そしてそのクリーンディーゼル仕様が「GT BlueHDi」ですが、今回はさらに「ファーストクラスパッケージ」がオプションで追加され、話題となっています。

それもそのはず、ネーミングの通り「ファーストクラスパッケージ」では、シートやオプションの装備がファーストクラスのような快適さにランクアップされているから。もちろん意中の彼女にも「ファーストクラス(のクルマ)に乗ってみない?」なんてジョークを飛ばせるようになったのですから、Adelaideclassifieds.JPとしても見逃すワケには行きません。

そんな気になるパッケージ内容はと言うと…

●運転席メモリー付き電動シート
●マルチポイントランバーサポート
●前席シートヒーター
●フロント360度カメラ
●パークアシスト
●パノラミックガラスルーフ


というもの。さらに追加オプションとして、

●ナッパレザーシート

を選択することが可能となっています。
ここではそんな「ファーストクラスパッケージ」の詳細をご案内していきます!

NEXT PAGE2/ 3

シート機能が大幅進化!

8つのエアクッションでマッサージ!?

マルチポイントランバーサポート
8つのエアクッションが膨張・収縮することでマッサージ機能となる「マルチポイントランバーサポート」。
まず、今回の「ファーストクラスパッケージ」で注目すべきはシート性能の向上です。特に運転席においては座位を記憶する電動シートが追加。さらにシートバックに埋め込まれた8つのエアクッションが肩から腰にかけてマッサージをしてくれる「マルチポイントランバーサポート」も装備されています。
SUVならではのアウトドアでの走行やロングドライブでもしっかり体をいたわってくれるこの機能、まさにファーストクラス級の装備と言っても過言ではありません。
「ファーストクラスパッケージ」の追加オプションで、しっとりとした質感のナッパレザーシート。
「ファーストクラスパッケージ」の追加オプションで、しっとりとした質感のナッパレザーシート。
また「ファーストクラスパッケージ」には運転席・助手席ともにシートヒーターが搭載され、追加オプションのナッパレザーシートと組み合わせれば季節を問わず快適な座り心地に。このしっとりとしたナッパレザーシートは「ファーストクラス」を謳うからには、ぜひとも追加したいモノ。助手席の彼女のためにも強くオススメする次第です。

フロントに360度カメラが追加! 安全装備も向上

フロントグリルに設置された360度カメラ。プジョー 3008 5008 GT BlueHDi peugeot
フロントグリルに設置された360度カメラ。
さらに本パッケージでは、フロントグリルに360度カメラが追加され、安全性能がより高められています。このカメラにより俯瞰映像の精度が向上し、パークアシスト機能を強化。特に3008をロングボディ化した5008では、バックでの駐車で威力を発揮。このようなアップデイトは細かいようでいて、実は大切なクルマを守ってくれる嬉しい進化なんですね。

NEXT PAGE3/ 3

インテリアも妥協なし!

開放的なコクピットに大型ガラスルーフを採用!

i-Cockpit プジョー 3008 5008 GT BlueHDi peugeot
「i-Cockpit」と呼ばれるドライバー座席。クールでスポーティな雰囲気を醸し出す。
もちろんインテリアにも妥協はありません。スポーツライクな小径ステアリングホイールにフルデジタル表示のメーターパネル。8インチのタッチスクリーンに新型の8速ATを操作するシフトレバー、そしてその間にはエアコンなどを操作するトグルスイッチが整然とレイアウトされています。
コクピットはスッキリとまとまり、さらに「ファーストクラスパッケージ」では天井にパノラミックガラスルーフが装備され、解放的な気分をより一層高めてくれます。

最新の8速AT(EAT8)を搭載

「3008 GT BlueHDi」「5008 GT BlueHDi」では、プジョーがアイシンAWと共同開発した8速AT(EAT8)システムが搭載されます。このトランスミッションは2.0Lのクリーンディーゼルエンジンとも相性が良く、低速からの加速でも十分にパワーを発揮します。
ダイヤル式のアドバンスドグリップコントロール。路面状況に応じてギア比などを制御。
ダイヤル式のアドバンスドグリップコントロール。路面状況に応じてギア比などを制御。
さらに、アドバンスドグリップコントロールとマッド&スノータイヤのコンビネーションにより、スノー、サンド、マッドなど、悪路での走行を電子的に制御し、走破性を高めています。
つまり、「オフロードも走行できるファーストクラス」というイイトコ取りの仕様に。
なんとも贅沢な一台に仕上がっているんですね。
プジョー「3008 GT BlueHDi」 peugeot
プジョー「3008 GT BlueHDi」。
プジョー「5008 GT BlueHDi」peugeot
プジョー「5008 GT BlueHDi」。
そんなプジョー「3008 GT BlueHDi」と「5008 GT BlueHDi」は、現在売上も好調だとか。荷室の広さやシートアレンジなど、実際に見るとさらなる魅力も満載なので、まずはお近くのディーラーにて試乗することを強くオススメいたします!

プジョー「3008 GT BlueHDi」/「5008 GT BlueHDi」

パワートレイン:2.0 L 直列4気筒ターボディーゼル
駆動方式:EAT8
価格:448万円〜/473万円〜
オプション価格:ファーストクラスパッケージ 30万円
ファーストクラスパッケージ&ナッパレザーシート 60万円

お問い合わせ
電話/0120-840-240(プジョーコール)
URL/
※ 表示価格は消費税8%に基づく価格です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事