• TOP
  • CARS
  • エレガンスを指向した唯一の911、その永遠に美しいたたずまい

2018.04.13

自動車ジャーナリストが選ぶ、美しいクルマ【5】

エレガンスを指向した唯一の911、その永遠に美しいたたずまい

美しさを基準にクルマ選びをしたことはなかったと語る島下泰久氏。業界でもポルシェ911フリークとして知られる彼が今回選んだのは、水冷エンジン化された初めての911である996型のGT3、しかも前期型限定というマニアならではのセレクトだった。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/島下泰久

水冷エンジン化された初の911として1997年にデビューした996型。GT3は1999年に登場した
水冷エンジン化された初の911として1997年にデビューした996型。GT3は1999年に登場した

異論が噴き出すことは覚悟での996

個人的にはこれまで、美しさを基準にクルマ選びをしたことはなかったかもしれない。けれど、それだけに今もガレージにたたずんでいたその姿の美しさをよく思い出す存在が、2000年式のポルシェ「911GT3クラブスポーツ」である。

異論が噴き出すことは覚悟している。「ポルシェならナローでしょ?」、「よりによって996?」なんて、きっと言われるだろう。何しろタイプ996の型式名で呼ばれるこの1997年デビューの911は、マニアからは歴代で一番人気のない年式なのだから。

販売不振に陥っていたポルシェが、起死回生を期して開発したタイプ996は、エンジンを水冷化しただけでなく、車体設計を911の歴史上初めてゼロから刷新した。

NEXT PAGE2/ 3

 

996型911GT3の前期型は当初、1400台の限定生産の予定だったが、レーシーな911への高いニーズがあったため最終的に1900台近くが生産された
996型911GT3の前期型は当初、1400台の限定生産の予定だったが、レーシーな911への高いニーズがあったため最終的に1900台近くが生産された

質実剛健から一転、エレガンスを感じさせるデザインへ

ではデザインはと言えば、それまでの911の、極端に言えばリアエンジンの特徴的なハードウェアをカバーで覆ったような質実剛健なものから一転、エレガンスを感じさせるものへと変身していた。前作タイプ993で角度が寝かされたヘッドライトは遂にボディラインに溶け込み、ナローなキャビンに対して張り出した前後フェンダーも、よりなめらかな曲線で描かれるようになった。

それは911を現代的なスポーツカーとして甦らせるためであり、また販路をマニア以外にまで拡げるためだった。結果はまさに思惑通り。高いブランド力を持つ911が洗練された雰囲気と使い勝手を身に着けたことで、タイプ996は大ヒットとなる。

マニアはそれが許せなかったのかもしれないが、決して骨抜きになったわけではない。“涙目”なんて揶揄される独特の形状のヘッドライトだって、ウインカーなども含めた灯火類をすべて一つのユニットに統合した、まさに合理設計の賜物。結局のところタイプ996とて紛れもなく911に見えるのは、そうした911であるために必要な要素がしっかりと織り込まれているからに違いない。

NEXT PAGE3/ 3

 

複雑な曲面で構成されたリアスポイラーが前期型GT3の特徴
複雑な曲面で構成されたリアスポイラーが前期型GT3の特徴

艶めかしい美しさを誇ったリアスポイラーが特にお気に入り

特にGT3では、リアスポイラーが気に入っている。あくまで機能部品でありながら、複雑な曲面で構成された艶めかしい美しさを誇った造形には唸らされた。残念ながら後期型では、無味乾燥なフラットタイプにされてしまうのだが…。

そして次期型のタイプ997では、911は再び丸目に戻され、フォルムも空冷時代の匂いを少し取り戻すことになる。911が明確にエレガンスを指向したのは、タイプ996の一世代だけだった。しかし、それだけにその美しいたたずまいは永遠。私にとっては今でもフェイバリットであり続けている。

チャンスがあれば、もう一度手に入れたいくらい。とは言え、実はこれまですでに2回も買っているから、そうなると3度目の、ということになるのだけれど……。
 

■ この記事が気になった方は、こちらもどうぞ。

『自動車ジャーナリストが選ぶ、美しいクルマ』

【1】ピニンファリーナがデザインしたファミリーカーが実は美しい!
ピニンファリーナとイタルデザイン。イタリアを代表する二つのカロッツェリアの作品が好きだと語る大谷達也氏が、美しいクルマに選んだのは、ピニンファリーナがデザインを手がけたモデルの中で、唯一所有したことがあるプジョー306だった。

【2】あらゆる無駄を削ぎ落とした、いまもっともスタイリッシュでクールな1台
昔のクルマを美しいと感じるのはノスタルジーに過ぎないと語る金子浩久氏が美しいクルマとして選んだのは、スタイリッシュなSUVの代表ともいえるレンジローバー「ヴェラール」。

【3】最高に美しいクルマは、この世に一台のマッハ号のようなデザイン
業界屈指のスーパーカー通として知られる西川淳氏。最も美しいクルマとしてリコメンドしてくれたのも、この世にたった1台しか存在しないスペシャルなモデルだ。

【4】ベルトーネが生み出した「奇妙だけれどワクワクする」究極の一台とは
自動車のみならず、料理、映画、小説など幅広いジャンルで執筆活動する小川フミオ氏。「ベストデザインのクルマを選ぶのは、自動車好きにとって永遠のテーマ」と語る小川さんがあげたベストデザインのクルマとは。そしてその理由とは?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事