• TOP
  • CARS
  • メルセデスAMG GTでドリフトをキメる最高の旅【後編】

2017.10.24

メルセデスAMG GTでドリフトをキメる最高の旅【後編】

毎年冬になると、各自動車メーカーは独自のプログラムとして雪上もしくは氷上の走行体験プログラムを開催している。今年初春、イタリアのシューズブランド、サントーニの社長ジュゼッペ・サントーニに招かれ、『メルセデスAMG ドライビングアカデミー』に参加した。

CATEGORIES :
文/前田陽一郎(Adelaideclassifieds.jp)
今でこそサントーニは、日本をはじめ、世界各地で知られるシューズブランドの雄だが、彼がその社長業を20代前半で創業者である父から引き継いだ頃は、まだ家内制手工業の延長にある小さな靴工場だった。遮二無に働いたらしい。

エコノミークラスで運べるだけの自社製シューズをトランクに詰め込んで、世界中を回ったそうだ。事業が拡大してもその姿勢は変わらなかったそうだが、そうして手に入れたのは「時間そのもの」だという。

懸命に働いたら、懸命に遊ぶんだよ

だから、余暇を徹底的に楽しむ。
 
ここで少々話をジュゼッペ・サントーニに移す。彼はカートをはじめクルマとスピードに熱中し、夏は故郷でありサントーニ本社のあるマルケ州コッリドーニア(海と丘に囲まれたイタリア屈指の風光明媚な街)の海を楽しみ、冬はスイスのサンモリッツにある別荘でスキーに興じ、家族と仕事を何よりも大切にしている。それは我々日本人が思い描く理想的イタリアンライフスタイルだ。
 
その重要な余暇の時間のひとつが、大好きなクルマで氷の上を走ることなのだそうだ。毎年このプログラムにも参加していて、今回は冬休み中の息子のガブリオくんを伴ってご満悦だった。
それだけではない。彼の本気の遊びは直接ビジネスとも密接に絡んでいて、今回はサントーニが作成するAMGコレクションをずらり持ち込んで来ていた。

ドライビングシューズはもちろん、ファッショナブルなマウンテンブーツ、カーボン柄があしらわれたラゲッジコレクションなどは参加者たちが宿泊するロッジに展示され、ロシアやドイツからの参加者たちの興味を引いていた。

NEXT PAGE2/ 4

とにかく走る!無線からは「GAS!GAS!(アクセルを踏んで!)」

とにかく走る!無線からは「GAS!GAS!(アクセルを踏んで!)」

『メルセデスAMG ドライビングアカデミー』の特徴はとにかく氷の上を走ることに重点が置かれていること。筆者は今まで国内外問わずいくつかの雪上ドライブ体験のプログラムに参加した経験があるが、各メーカーそれぞれにいいところはあるものの、朝から日が暮れるまで(いや、日が暮れても)氷上を走ることに徹しているのは『メルセデスAMG ドライビングアカデミー』がはじめてだ。
走行している各車には無線が搭載されていて、コース全体を見渡せる位置に陣取ったアカデミーのコーチから無線を通じて指導を受ける。コーチは皆、メルセデスAMG専属の契約プロドライバーたち、ハンドルの舵角、アクセルとブレーキのタイミングまで的確な指示が飛ぶ。

NEXT PAGE3/ 4

今日はいくつ穴を開けられたんだい?

今日はいくつ穴を開けられたんだい?

S字、同周円旋回、テクニカルなコース走行に、ハイスピードコースの走行とプログラムは多彩だ。
 
プログラム中、参加者は皆、首からライセンスカードを下げるのだけれど、これはミスポイントのチェック用。冒頭でも書いたが、氷上に作られたコースを仕切るのバリアは掻き分けられた雪。ゆえにクルマが少々突っ込んだところでクッションになってくれはするようにできている。

が、いくらスパイクタイヤを履いているとはいえ、乗り上げた雪から自力で脱出すのは不可能というもの。無線でヘルプを呼ぶとメルセデスが誇る頑強なゲレンデヴァーゲンが引っ張り出してくれるという算段だ。この時、提示するのがそのカード。

一回ヘルプしてもらうたびに、バンチで穴を開けられる。これが参加者たちの恰好のコミュニケーションにもなっていて、今日はいくつ穴が開いたかと一日の終わりに笑い合う。

NEXT PAGE4/ 4

思い切りアクセルを踏みに来たんだから、遠慮はいらない

思い切りアクセルを踏みに来たんだから、遠慮はいらない

初日、二日目、三日目とみっちり走り込んだ先は参加者全員のタイムトライアル。筆者も必死にアタックはしたものの、一番“乗れた”周回で敢えなくスピン。対照的に、攻めた走りで決勝に進出したのがジュゼッペだった。
 
彼はとにかくアクセルを緩めることが大嫌い。バンチの穴を見ては笑い飛ばしながら、「アクセルを踏みに来たんだから」とクルマを振り回す。それでもタムトライアルのようなピンポイントではしっかり結果を出すところがイタリア人なのか、優秀な経営者なのか。
 
残念ながら、コンマ数秒差で優勝は逃したものの、やっぱり遊びの達人は遊びに本気だった。
ところで、ジュゼッペと一緒に来ていた息子のガブリオ、まだ若干17歳の彼は免許を取得して数ヶ月だったそうだ。初日から豪快にドリフトをキメ、なかなかのペースで走っていたからまるで気づかなかったが、それも父親譲りということだろうか。
 
終始親子でドライビングについて語り合っている姿を見るに、懸命に働き、懸命に遊ぶことの大切さを教わった。
 
この冬も、『メルセデスAMG ドライビングアカデミー』はもちろん、各社から魅力的な“スノーエクスペリエンス”が用意されているはずだ。懸命に働いたご褒美に、懸命に遊んでみるのはいかがだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事