• TOP
  • CARS
  • レンジローバー・ヴェラールは教えてくれる。助手席の女性にモテるにはモテなしこそが重要だ!

2017.09.25

レンジローバー・ヴェラールは教えてくれる。助手席の女性にモテるにはモテなしこそが重要だ!

ついに日本上陸を果たしたレンジローバー・ヴェラールは、女性へのもてなしの幅を広げるモテるクルマだった。

CATEGORIES :
TAGS :
文/小川フミオ
今年もっとも話題のクルマともいえるレンジローバー・ヴェラールがついに日本上陸を果たした。実際に体験すると、これはいい!と太鼓判をおせるクルマなのだ。
オンロードでの走りを強化するオプションも多い。

これぞ、もてなしの幅を広げる1台

レンジローバーはずっと女性人気の高いクルマだ(と思う)。女性が運転するなら細身のメルセデス・ベンツGクラスがいいかもしれないが、乗せてもらうなら、ぜいたくなインテリアのこちらだろう。

レンジローバーのニューモデル、ヴェラールはなかでも女性ウケがとくに高いであろうと思われるポイントが満載だ。ひとつは美しい外観である。

「突起がなくして美しさが成立するように気を配った」とレンジローバーのデザイナーが言うのもわかる、シンプル・イズ・ビューティフルなスタイルだ。
ピラーはすべてブラックアウトするのがレンジローバーの伝統的なスタイルで、写真の仕様はこれにブラックコントラストルーフが組み合わせてあってスポーティだ。
もうひとつは各所の演出。ドアロックを解錠すると電動でドアハンドルがにゅーっと出てくる。“え? なにこれ?”とたいていのひとは驚くだろう。
ドアパネル電動格納式のドアハンドルもユニークな装備。
PAGE 2

ドライバーにも彼女にも嬉しい驚きが満載のクルマ

乗り込んだときもやはりうれしい驚きが待っている。まず、通常はあるべきスイッチ類がぜんぜん見当たらない。やわらかそうなパッドで覆われたダッシュボードに、高そうな質感の黒いガラス板がはめこんであるだけだ。
ブラックとのコントラストが美しいダッシュボード
エンジンスタートボタンを押すと、そこで初めてモニターに文字やアイコンが表れる。ドライバーの眼前には計器類が。助手席の乗員の横にあるモニターには温度やオーディオやカーナビゲーションの画面が。劇的な演出だ。

また、電子制御エアサスペンション仕様(3リッターV6のRダイナミックに搭載)だと車高を下げる機構があるので乗り降りが楽。SUVはスカートの女性にキツい。それがわかっている女性は、きっとこのもてなし感覚を理解してくれるだろう。

エンジンのことに触れたので日本でのラインナップを紹介しよう。エンジンは4つ。2リッター4気筒ガソリンエンジンは250馬力(715万円〜1069万円)と300馬力(778万円〜1132万円)と2つの仕様がある。

180馬力の2リッター4気筒ディーゼル(699万円〜1053万円)があるのも嬉しい。トップモデルは380馬力の3リッターV型6気筒(908万円〜1262万円)だ。
Rダイナミックにはバーシュッドカパーの加飾がつく。
仕様は「コア」とスポーティな「Rダイナミック」。後者はバーニッシュドカパーと呼ばれるブラウン系の加飾をボンネットやフロントエアダムに備えている。

さらにコアとRダイナミクスそれぞれに標準仕様、S、SE、HSEと装備レベルのちがう仕様がある。ということで4つのエンジン×2つの仕様×4つの装備レベルとして32のバリエーションから選択可能なのだ。

試乗したのは3リッターV6搭載のRダイナミックSE(1129万円)だ。センスよくまとめられたコクピットはウッドとクロームとレザーがうまく組み合わせられている。
PAGE 3

オフロード性能とオンロードの気持ちよい操縦性

スムーズな表面を持つノーズが目を惹く。
レンジローバーは贅沢な内装だけれど、ヴェラールはモダンなエッジが効いていて、こちらはセンスがいい。さきに触れたように、エンジンをかけないと灯らないコントロールパネルの演出も心憎い。

エンジンは力強い。3500rpmで450Nmの最大トルクを発生することになっているが、1000rpmからたっぷりと力を出して、全長4820ミリの大きめの車体をぐんぐん加速してくれる。

たんにトルクが太いのでなく、ステアリングホイール中立付近での反応もそれなりにするどく、スポーティなワゴンのような感覚だ。オフロード性能も自慢というが、オンロードでの気持ちよい操縦性は特筆ものだ。
ドライビングモードは3つ用意されている。
ドライブモードセレクトも役立つ。ふだんはふんわりした感覚のコンフォートモードがいいだろうが、今回試乗コースにした軽井沢のバイパスのようなワインディングロードはスポーツモードだと足まわりがしゃっきりして、かなり楽しめる。
PAGE 4

もてなしの幅が、オトコをひとつ先へ運んでくれる

高速で遠出というのも、ヴェラールの得意とするところだ。静かだし、いいオーディオが選べるし、余裕ある4ドアボディで、2人の世界を作るのにぴったりだとおもう。
レーンデパーチャーウォーニング、自動緊急ブレーキ、360度ビューモニター、ブラインドスポットアシスト、レーンキープアシスト、アダプティブクルーズコントロールなども用意される。
外板色は微妙なトーンでいい趣味だし、内装色も同様。タッチプロデュオというふだんは黒いコントロールパネルがブラックなので、2トーンを意識して内装を組み立てるといいかもしれない。

そしてもうひとつ。ヴェラールにはこのクルマだけの特徴を持っている。シート素材としてすばらしく上質感のあるファブリックを選べるのだ。
空間的余裕があり居心地のいい後席で、写真の仕様はクヴァドラのファブリックで張ったシート。
日本でも高級内装材で知られるデンマークのテキスタイルメーカー、クヴァドラ社がヴェラールのために特別のシート用ファブリックを作っているのだ。価格はレザーと同等。

感触はパシュミナとガーゼの中間のようで、触っているだけでいい気分になれること請け合いだ。
欧米では動物愛護のポリシーを持っているひとはファブリックを選ぶ。レンジローバーはわかっている。これも女性にとっていいアピールになりそうだ。
●小川フミオ

ライフスタイルジャーナリスト。慶應義塾大学文学部出身。自動車誌やグルメ誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。活動範囲はウェブと雑誌。手がけるのはクルマ、グルメ、デザイン、インタビューなど。いわゆる文化的なことが得意でメカには弱く電球交換がせいぜい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL