• TOP
  • CARS
  • 自動運転の時代、カーエンターテイメントはどこまで進化するのか?

2017.08.23

自動運転の時代、カーエンターテイメントはどこまで進化するのか?

運転支援技術が長足の進化を遂げているのはご存じの通り。今後、ドライバーが運転の負担から解放されたとき、車内空間はどうあるべきなのか。アメリカの高級オーディオ・メーカーで車載インフォテイメントの大手サプライヤ、ハーマンインターナショナルの試みを紹介する。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/南陽 一浩

アメリカ・ミシガン州、デトロイト郊外にあるハーマンインターナショナルのR&Dセンター

車内で余裕のできたドライバーが、より有益な時間を過ごすために求めるもの

21世紀が20年近く経って、自動運転技術がレベル3(日本政府や米国運輸省道路交通安全局が定義している自動運転のレベル:レベル3は、システムが要請したときはドライバーが対応しなければならないレベル。つまり緊急時以外はほぼ自動化された状態)に達しようかという今、徐々にではあるがドライバーが運転から解放されつつあるのは事実だ。

要は以前より「余裕をもって過ごせる」けれど、エンジン音やロードノイズといった騒音をもとより伴う車内で、さらなる快適性が求められるのは必然といえるだろう。進化の方向性として「車内でのいい音」へのニーズは確かに高まっているのだ。
 
車載オーディオのメーカーも、そこはビジネス・チャンスと捉えている。今回はオーディオ&インフォテイメントの大手サプライヤであるハーマンインターナショナル、そのデトロイトの開発研究センターで話を聞いた。

ハーマンインターナショナルは傘下にJBL、ハーマンカードン、マークレビンソンといった高級オーディオ・ブランドを抱える。レクサスやメルセデス、BMW、ミニ、フェラーリ、ジープ、トヨタとスバルに車載オーディオを供給しているだけでなく、インフォテイメントやテレマティクスなどコネクティッド・カー技術でも、世界有数の大手だ。
 
「車内で余裕のできたドライバーが、より有益な時間を過ごすために求める方向性はふたつ。生産性の向上と、より質の高いエンターテイメントです」
 
ハーマンインターナショナルの重役の一人はそういい切る。今後ユーザーが求めるのは例えば、移動中にメールの送受信をこなしたり打ち合わせするなどの仕事の場として、あるいはより臨場感ある、さらに刺激的な音を楽しむためのリスニング空間だと。
アメリカ・極東地域でライフスタイルオーディオを担当するエンジニアリングの上級ディレクター、ジェイソン・G・バウマン氏
そのための技術要素は、すでに自動車メーカーがプロダクトとして採用・装備したものもあれば、今後登場する開発途上のものもある。ひとつ確実にいえるのは、生産性とエンターテイメントの向上はそれぞれが別方向ではなく、独自のプロセッサーやアルゴリズムを用いた音響空間で車内体験の質を高めるという点で、軌を同じくするものということだ。
PAGE 2
ハーマンインターナショナルで、次世代車載オーディオの核となる技術のラインナップ

渋滞の中でも海や森にいるかのようなリラックス効果を生み出す

あるコンサートホールやライブハウスの音響特性を、そのまま車内で再現する機能はすでに市販車で実現されている。さらに今後はワインディング走行中に、ステアリングを切ると車速と舵角から判断して、カーブの先に音像を定位させ、ドライビングと音がよりエキサイティングにリンクする、そんなインタラクティブな体験が可能になるという。
 
またキーワードはインタラクティブだけでなく、イマーシブル(没入するような臨場感)にも及ぶ。サラウンド効果を水平方向だけでなく360度、それこそ球状に車内を包み込むような音場を作り出すことで、渋滞の中でも海や森にいるかのようなリラックス効果を生み出したり、あるいはステージの真ん中にいるかのように、音楽を聴くこともできるという。
ハーマンインターナショナルは「よい音」を定義するため、社内で評価リスナーを養成。帯域の正確なバランス、歪みのない出力、広がりや距離感の評価を習得させるという
ほかにも興味深いのは、ヘッドフォンでおなじみのノイズ・キャンセレーション機能を用いた試み。車内に侵入してくるロードノイズを、同じ周波数のアンチ・ノイズ音で中和し、ドライバーの疲れを軽減する技術だ。

低周波ノイズを遮断するには車体に重たい遮音材が使われるので、この技術を採用することでクルマの軽量化やCO2削減にも貢献すると見られている。しかも一方では、ノイズ・キャンセル機能が車内の音楽を妨げないよう、吸い込まれてしまった帯域を補って、狙い通りの音に復元する技術も確立されている。
 
さらに、スマートフォンが一人一台は当たり前の今だからこそ求められる技術がある。具体的には、乗員がそれぞれの座席で通話を始めても、指向性マイクによって本人の声は拾って補いつつ、演奏中の音楽やほかの乗員の声といった周辺音は抑えこむことで、車内でよりクリアな音声通話が可能になるという。しかも車内と外部の通話だけでなく、前席と3列目シートのように距離のある乗員間でも、音楽やノイズは抑え、会話の声だけを増幅することで、よりコミュニケーションのとりやすい環境を実現できるそうだ。
ヘッドレストに巻きつくように備えられた、乗員個々のスピーカー&マイクと、タブレット上で優先すべき音源を分別するデモ画面
PAGE 3

これからの魅力的なクルマの条件

これらの新しい機能の根幹には、帯域によって特性や反響を人工的に作り出すことで、音像の定位を変化させるプロセッサー技術のノウハウがある。だが「音の加工」だけでなく、MP3やHDラジオのような圧縮音源で、失われたデータを再現して補う技術も盛り込まれていることは強調しておきたい。
これは持ち運び可能なJBLのBluetoothアクティブスピーカーを、トランクの床下にセットできるシステム。モバイル性やスマホとの親和性はきわめて高い
こうして車内の複雑な音響環境を、よりマルチかつピンポイントに細かく最適化できるようになったのは、チップセットの進化が大きい。この新しいチップセットに基づく次世代の車載オーディオ・プラットフォームが、ハーマンインターナショナルが「サミット」と呼ぶシステムだ。
従来とは別次元のスピーディな演算や飛躍的な処理能力を可能にする、「サミット」のチップセット
これまで説明してきたような機能は、サミット・システムの上で自動車メーカーが各モジュールとして選択できるのだという。つまり今後は、音響による快適性がマネージメントされた車内空間であることが、より魅力的なクルマの条件となるのだろう。ドライバーにとって、日々身を置く空間だからこそ、「耳福」のあるクルマを選ぶこと、それは確かに悪い話ではない。
ミニマムに効率化されているのはチップセットだけではない。「サミット」のデモカーには何と、この極小の駆動ドライバーを用いて76個ものスピーカーシステムが備わっていた
● 南陽一浩 (なんよう かずひろ)

慶大文学部卒。自動車雑誌の編集を経てフリーライターとして20数年、うち半分以上をフランスで過ごし、日仏独の雑誌にクルマや時計、ファッションや旅行の記事を寄稿。滞在中にランス・シャンパーニュ・アルデンヌ大学で地理・社会学関連の修士号取得。通訳翻訳も手がける。2014年より東京に戻り、相変わらずのフリー稼業。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL