• TOP
  • CARS
  • テクノロジーの進化でクルマはもっと楽しくなる!

2016.07.11

テクノロジーの進化でクルマはもっと楽しくなる!

携帯電話とパソコンの2役をこなすスマートフォンに代表されるようにテクノロジーの進化によって、ひとつのアイテムがさまざまな役割を果たす時代になった。それが顕著に表れているのがクルマであり、スポーツカーが日常の足として使えたり日常の足であるサルーンが趣味性の高いスポーツカーとして楽しめたりと1台で何役もこなせるように。今回はそんなクルマをキャッチアップしてみた。

CATEGORIES :

JAGUAR [ジャガー]

革新的技術と力強さが新しいジャガーのカタチ

Jaguar XF S [ジャガー XF S] 新型ジャガーXFのフラッグシップモデル
最高出力380psのV6 3.0ℓスーパーチャージド・エンジンを搭載する“S”はトップグレード。スポーティなハンドリングだけでなく、快適な乗り心地も堪能できる。1105万円/ジャガー(ジャガーコール)

先進装備=ジャガーの方程式が確固たるものに

自動車に用いられるテクノロジーの進化は時代を追うごとに加速している。それもそのはず、進化を促しているのは主にエレクトロニクスであり、その開発スピードは機械をはるかに上回っているからだ。このことは、スマホのほうが自動車より頻繁にモデルチェンジをしているというシンプルな事実からもうかがい知ることができる。

もっとも、主にバーチャルな世界を対象とするスマホのテクノロジーだけで現実の自動車を走らせることは不可能だ。あくまでもエレクトロニクスはメカニズムが持つ力を拡大してパフォーマンスを改善するとともに、効率や快適性を向上させるのに用いられているととらえるべきだろう。

自分好みのセットアップを登録可能
ジャガー・ドライブ・コントロールのダイナミックモードにはコンフィギュアブルダイナミクスと呼ばれる機能を用意。あらかじめ登録されたモードだけでなく、スロットル、シフトスケジュール、ステアリングなどの設定を自分の好みに応じて登録することができる。
先頃フルモデルチェンジを受けたジャガーXFもエレクトロニクスの進化による恩恵を受けている。メーターパネルは12.3インチの液晶ディスプレイに置き換えられ、用途や気分によって表示内容をさまざまな形式に切り替えが可能に。ナビ、オーディオ、エアコンなどの設定もタッチスクリーン方式に改められ、それこそスマホやタブレットと同じ感覚で操作ができる。
メーターパネルは12.3インチのTFTカラーディスプレイに置き換えられ、ナビやオーディオの操作は10.2インチのタッチスクリーンを通じて行う。室内にも最新テクノロジーの波は押し寄せているのだ。
「走る、曲がる、止まる」の部分にも最新テクノロジーは活用されている。例えば、センターコンソール上に設けられたジャガー・ドライブ・コントロールは、エンジンのスロットルレスポンス、ステアリングのアシスト量、ギアボックスのシフトスケジュール、サスペンションの減衰率などを一括して変更できる。

つまりドライビングシーンに応じてXFのキャラクターを一変させられるわけで、たとえて言えば、ある時は従順な飼い猫のように、そしてまたある時は獲物を追う肉食獣のように変貌できるのと同じこと。アメリカヒョウの別名をもつジャガーにふさわしい装備といえるかもしれない。
PAGE 2

PEUGEOT [プジョー]

フランスならではのお洒落なデザイン性も魅力のひとつ

Peugeot 3008 Allure [プジョー 3008 アリュール] SUVのユーティリティを実現したハッチバックモデル
全高を1635㎜と高めに設定するとともに、リヤエンドまでルーフを水平に延ばすことでSUVやミニバン並みのスペースユーティリティを手に入れた3008。車高が高くても安定感は一般的なハッチバックモデル並みに優れているのも魅力。349万円〜/プジョー(プジョー・コール)

都市型SUVやハッチバックは最新技術の宝庫

ヨーロピアン・ハッチバック本来の走りの良さにSUVやミニバンが持つユーティリティを付け加えたプジョー3008はエンジンの駆動力制御にエレクトロニクスを活用している。グリップコントロールと呼ばれるこのシステムには、ノーマル、オフ、サンド、スノー、マッドからなる5つのモードが用意されており、トラクションコントロールの作動プログラムを路面状態に合わせて最適制御。3008の行動範囲を一層拡大する役割を果たす。
シフトレバーの手前に見えるのがグリップコントロールの切り替え用ダイヤル。わかりやすいアイコンで示されたノーマル、オフ、サンド、スノー、マッドの5モードは走行中でも設定の変更ができる。

タイヤの空転を敏感に察知して出力を素早く繊細にコントロールすることは、たとえレーシングドライバーであっても人間には困難。その証拠に、最新のレーシングカーにはトラクションコントロールが装備されている例が少なくない。さらに3008はミシュラン製マッド&スノータイヤを標準装備。トラクションコントロールをこのタイヤの特性に最適化することにより、最高レベルの走破性を獲得したのである。

BMW [ビーエムダブリュー]

先進安全装備を手に入れた「駆け抜ける歓び」

BMW 118i Style [ビーエムダブリュー 118i スタイル] まさにプレミアムハッチバックにふさわしい豪華装備
クラス唯一のFR方式を採用する1シリーズ。その優れたハンドリングには定評があるが、新たに先進安全装備を搭載してさらなる安心感も手に入れた。344万円/BMW(BMWカスタマー・インタラクション・センター)
いわゆる先進安全装備もエレクトロニクスの進歩なしには実現できなかったテクノロジーだ。もっとも、いまや自動ブレーキは軽自動車にさえ用意されるご時世。つまり、もはや自動で止まること自体は珍しくもなんともない。大切なのは、より高精度に作動することであり、より幅広い状況に対処できる先進安全装備だといえる。

BMW1シリーズは先頃実施されたマイナーチェンジで装備類を充実。ドライビングアシスト機能として新たにレーン・デパーチャー・ウォーニング、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを搭載した。ここで注目すべきは、衝突回避・被害軽減ブレーキに歩行者検知機能が組み込まれている点だ(118iスタンダードを除く)。

実は、初歩的な自動ブレーキの多くは歩行者を検知できず、最悪の場合には重大な事故を招く恐れもある。もっとも、先進安全装備といっても過信は禁物。あくまでも事故を防止する責任はドライバーにあることをお忘れなく。さらにLEDヘッドライトを装備したほか、ドライビング・パフォーマンス・コントロールによりパワートレーンやステアリングの特性を設定できるなど、ここでもテクノロジーの進化がクルマの進歩に大きく役立っている。
PAGE 3

LAMBORGHINI [ランボルギーニ]

日常の足としても使えるスーパーカー

Lamborghini Huracán LP 580-2 [ランボルギーニ ウラカン LP 580-2] ドライバーの"魂"を揺さぶるANIMA
ANIMAを上下させれば、ストラーダ、スポーツ、コルサの3モードへの変更が可能。一般道からサーキットでの俊敏性まで幅広くチョイスすることができる。2280万円/ランボルギーニ(ランボルギーニお客様センター)
そうしたテクノロジーは、クルマのパフォーマンスが高くなればなるほど高性能かつ高精度なものが求められることになる。ランボルギーニ・ウラカンに搭載されているアダプティブ・ネットワーク・インテリジェント・マネージメントのANIMA(イタリア語で“魂”の意味)は、エンジン、ギアボックス、4WDシステム、スタビリティ・コントロール、サスペンションを統合的に制御するドライビング・モード・システムの一種だが、そのすべての基礎となる車体の加速度を計測するセンサーとして3個のジャイロスコープを搭載。

ひとつのセンサーから3つのデータを割り出す従来の方式に比べると、X軸、Y軸、Z軸回りのモーメントをそれぞれ独立して計測しているために複雑な計算が不要となり、反応速度が格段に向上。高速で高精度な車体の姿勢制御が可能になった。

AUDI [アウディ]

日常の足としても使えるスーパーカー

Audi A6 [アウディ A6 ] 自分好みに乗り味を自在にコントロール
マトリックスLEDやステアリング、アクセルレスポンス、ギア比などを細かく調整できるアウディドライブセレクトがアウディの真骨頂のひとつだ。581万4815円~/アウディ(アウディ コミュニケーション センター)
なぜ、スーパースポーツカーのスタビリティ・プログラムにこれほど高度なシステムが必要になったかといえば、近年はスタビリティ・プログラムを作動させたままテールスライドできる機能が求められるようになり、コーナリング性能が極めて高いスポーツカーでは、一般的な乗用車以上に高速かつ高精度に姿勢を制御しないとスピンモードに陥る可能性が高くなることがその理由。

つまり、ファン・トゥ・ドライブの面でもテクノロジーの進化は大きく寄与しているのである。
写真/森 浩輔 文/大谷達也
※2016年7月号掲載企画抜粋

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL