• TOP
  • FASHION
  • ラグジュアリーなシーンもOK!な「キメるデニム」選びのコツと遊び方

2017.09.25

ラグジュアリーなシーンもOK!な「キメるデニム」選びのコツと遊び方

“ドレスパンツとして通用する”デニムを選べば、ドレスアップが求められるシーンで周囲に差がつくオトナの着こなしが完成するのです。

CATEGORIES :
TAGS :
写真/人物・谷田政史(CaNN)、静物・蜂谷哲実(hachiya studio)
スタイリング/四方章敬 ヘア/Kazuya Matsumoto(W)
メイク/AIKO ONO(angle management produce)
文/竹石安宏(シティライツ)
2017年11月号より
デニムといえば大定番なアイテムですが、いま提案したいのは「キメるデニムスタイル」です。
そもそも大人のオトコにとって"キマる"とは、格式が求められるシーンでキチンと見えて、それでいてモテるということ。本来ならドレスアップしたスーツの出番となるトコロをあえてデニムでキメる、というのがキモなのです。そして、そんなキモを突き詰めていくと自ずとデニムの選び方もこれまでとは違ってくるんです。
リラックスした時にはきたくなるのがデニムですが、例えば濃い色味のものを選べば、合わせによってはキメのスタイルに振ることだって可能。むしろジャケットを着たくなる「キメ」目線の選びが、デニムスタイルを一新してくれますよ。デニム・チーフともに下参照。ジャケット13万8000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店)、ポロシャツ2万円/アングレー(アングレー丸の内店)、ブレスレット29万5000円/クロムハーツ(クロムハーツ トーキョー)

キメのデニムはこの2カ所がキメ手です

【POINT】
① ワンウォッシュ未満の濃色
② テーパード
格式の高いシーンでの服装といえば、ドレスウエアというのが常識的な答え。そんな常識を手練手管で覆すことで、フツーの人とは一線を画せる、つまり差をつけてモテるわけです。とはいえ社会人として服装のマナーはわきまえねばなりません。例えば、高級レストランでズタボロのデニムはマナー違反。単に奇をてらいたい輩としか映らないのです。

そう考えれば、自然とキメのデニム選びの目線も定まってくるもの。それはひと言でいうなら“ドレスパンツとして通用すること”に尽きます。具体的には、色落ちしておらず品良く見えるワンウォッシュ未満の濃色であり、ジャケットを合わせても上品にまとまるテーパードシルエットであること。これらの条件を満たすことで、マナーの範疇で抜きん出る、モテるデニムスタイルがキマるのです。

"尻チー"なる裏ワザを伝授!

デニムでキメるには、デニム自体の選びとこなしが重要ですが、Adelaideclassifiedsが編み出したキメの裏ワザが、ヒップポケットにバンダナではなくチーフを挿す、名付けて“尻チー”です。この白い布はキチンと見えるうえに、上品さ、清潔感、有事の際の紳士的振る舞いなど、オトコのさまざまな思惑を込めることができます。というわけで、そんな尻チーに最適なリネン100%製チーフを別注しちゃいました。

文字で「僕は無実だよ」と訴えつつも、ニヤリと下心を隠すジョーカーを刺繍し、ヨコシマなオトコの本音を代弁しています。ウィットの利いた会話のキッカケにも◎。限定30枚。6000円/フェアファクス(買えるAdelaideclassifieds)

PAGE 2

だからデニムでもリッチな遊びができるんです

高級店に高級スーツで女性をエスコート。当然そんな正攻法もアリですがスーツと真逆なリラックスしたデニム姿で臨むことでより余裕とリッチさが際立ちます。こうしたデニムの遊び方は、T.P.O.を知り尽くし、ラグジュアリーに"場慣れ"したオトコにこそ成せるワザなのです。
トップメゾンのデニムを手がけてきた井出裕之氏のブランドによる新作デニム「パブリック」。深めの股上や上めに設置したフロントポケット、ひざ下からのテーパードシルエットが上品な佇まいを演出します。1万9000円/リディアル(カイタックインターナショナル)、男性●ジャケット11万円/タリアトーレ(エストネーション)、ニット2万4000円/スローン、スカーフ1万5000円/アネー(ビームス ハウス 丸の内)、靴5万9000円/ジョセフ チーニー(ブリティッシュメイド 銀座店) 女性●ワンピース19万3000円/エルマーノ シェルビーノ(サン・フレール)、そのほかはスタイリスト私物
昔からあるジャケデニコーデながら、上品かつモダンでキチンと見えるのは、デニムのシルエットがドレスウエアに近いからなのです。

ドラマなレストランで、シックなBARで、ラグジュアリーなホテルで__

デニム姿がさらにキマるプラスαの選び&テク

ロールアップではなくダブルに裾上げ

スラックスと同じように、ダブルで裾上げすればよりドレッシーな雰囲気に。ロールアップとは違って裏側が見えず、キチンとした印象になるんですね。テーパードシルエットも引き立ちますよ。

キメのデニムでも伸びれば楽チン

ストレッチデニムを用いたものを選べば快適なはき心地で所作も自ずと優雅になり、より余裕のある雰囲気を醸せるはず。キメたいシーンは着座も多いことですから、お腹の窮屈感も軽減されますよ。

キメデニムをもっと見たい!人はAdelaideclassifieds 11月号をチェック!
■お問い合わせ
RHC ロンハーマン 045-319-6700
アングレー丸の内店 03-6551-2568
エストネーション 03-5159-7800
カイタックインターナショナル 03-5722-3684
買えるAdelaideclassifieds kaeruleon.jp
クロムハーツ トーキョー 03-5766-1081
サン・フレール 03-3265-0251
ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691
PVHジャパン 0120-266-416
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
フランク ミュラー ウォッチランド 東京 03-3549-1949
ブリティッシュメイド 銀座店 03-6263-9955
ボリオリ 東京店 03-6256-0297
ヤコブ コーエン GINZA SIX 03-3572-0017
ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180
レリアンお客様相談室 0120-370-877

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL