• TOP
  • FASHION
  • ビジネスでも使える?! デニムコーディネイト3選

2017.09.25

ビジネスでも使える?! デニムコーディネイト3選

なかなか難しいデニムを取り入れたカジュアルなビジネススタイルを、タイドアップ、ダブルブレザー、シングルブレザーの3選でご指南いたします!

CATEGORIES :
TAGS :
写真/蜂谷哲実(hachiya studio )
スタイリング/吉野 誠
文/長谷川 剛 
メンズスタイルの世界的なカジュアル化トレンドを受けて、ビジネススタイルもジャケパンからさらに砕けた装いが普及しつつあります。なかでも注目すべきはデニムパンツを軸とした、気軽で寛いだジャケットスタイル。しかしこれには注意が必要です。カジュアルでありながら、ビジネスの品格もキープさせるというのは意外に難しいもの。そこで、ビジネスのTPOに合わせつつ洒落感もほのかに漂う、賢いビジネス・デニムのこなし方をご指南いたします!

ビジネスに使えるデニムなコーディネイト【その1】

スラックス仕立てのデニムで作る、ドレッシーなタイドアップスタイル

ペイズリータイは、光沢ビカビカのジャカード仕様だとちょっとトゥーマッチ。マットな質感のプリント系が今季の気分です。シャツも襟元が締まるタブカラーが昨今注目を浴びています。さらにラウンドカラーならキュートでお洒落な雰囲気に。靴はローファーでも良いのですが、パンツがジーンズであるぶん、ドレッシーなダブルモンクあたりで品良く“締める”のが賢者のチョイスです。デニム3万3000円/インコテックス(スローウエアジャパン)、ジャケット6万9000円、タイバー1万4000円/ともにブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)、シャツ2万8000円/バグッタ(トレメッツォ)、タイ1万6000円/フランコ バッシ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、ベルト1万1000円/エストネーション、靴13万8000円/サントーニ(リエート)、その他はスタイリスト私物
ビジネスシーンでデニムを活用するなら、テーラードジャケットの着用が不可欠です。なかでもブルーデニムと相性抜群なのがネイビーのジャケット。その理由は全体の色を揃えることでシックな雰囲気に見えるから。今回はデニム×ネイビーブレザーの組み合わせをご提案。ネイビーブレザーはトラッドスタイルの王道アイテムであると同時に、金ボタンなどのメタルボタンが特徴です。キラリとアクセサリー的な要素をもつため、装いに洒落たアクセントが加わるのです。

そんなデニム×ネイビーブレザーの着こなしのなかでも特にビジネス度の高いこなしが、ドレスシャツとタイを取り入れた正統派のコーディネイト。とはいえあまり真面目に仕上げてしまっては、折角の“デニブレ”ゆえの「軽さ」が生かされずチグハグな印象になりがち。そこで取り入れるべきはギミックの効いたトレンドアイテム。今季注目を浴びるクレッリックのタブカラーに大柄のペイズリータイの組み合わせなら、王道にして旬の洒落感も十分。デニムもスラックス・デザインのものを選べば、よりオンな雰囲気が高まります。

キモのデニムはコレ「ドレッシーな仕立てのデニム地スラックス」

本格ブレザーを着込んだタイドアップスタイルとは言え、デニムパンツの装いは、ビジネススタイルとしてはややカジュアル感が強め。しかしスラックス仕立てのデニムを取り入れたならドレス感も十二分。かなりビジネス度高めのルックスに仕上げることが可能です。ポイントはご覧のとおり素材はデニムでありながら、仕立てはオーセンティックなスラックス調であること。センタークリース入りかつ裾がダブルの折り返し仕様であれば、かしこまった雰囲気も倍増しに。
PAGE 2

ビジネスに使えるデニムなコーディネイト【その2】

ダブルのブレザーで作るスタイリッシュでモードな“艶ビズ”スタイル

タートルニットは太編みのものだとカントリー調になってしまうので、都会的なエレガンス漂う繊細な細編みのハイゲージ仕様を選びましょう。スマートな雰囲気を引き立てるため、極力余計な色を挿し込まないのが上手くまとめるコツ。ただし、そのルールも足元だけは例外です。サイドゴアブーツのニット部分や、もしくは靴下に色彩を取り入れることで、チラりとセンスの良い遊び心を演出できます。デニム2万6400円/バルドウィン(キッチン&カンパニー)、ジャケット12万7000円/デ ペトリロ、ベルト2万2000円/オルチアーニ(ともにビームス ハウス 丸ノ内)、ニット3万円/ドルモア(バインド
ピーアール)、チーフ7800円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、靴8万2000円/クロケット&ジョーンズ(トレーディングポスト青山本店)、メガネ6万5000円/ディータ(オブジェ・イースト)
例えばシリアスな会議のない週末など、タイドアップでは少々カタいシーンには、デニム&ブレザーの装いも寛いだアイテムを積極的に取り込むのが上級者。ブラックのタートルニットはリラックスしつつもスマートな首元となるため、クールな洒落感を引き立ててくれます。もちろん、ブレザーはシングルでもOKですが、クラシカルな印象の強いダブルブレストを合わせれば、デニム姿をグッとシックなルックスに格上げできるのです。

シューズもニットに合わせてブラックに統一するのがお約束。ヒモ式のオックスフォード型でも良いのですが、タートルニット特有のモードな洒落感を生かす意味で、ショートブーツを合わせるのが今の気分。随所にブラックアイテムを散らし抑制を効かせたコーディネイトは、どこかストイックな印象を放ちます。このまま着替えることなくアフターファイブのお楽しみに出掛けられるところも魅力です。

キモのデニムはコレ「色落ち皆無のスリムレッグ」

都会的なモダニティを追求する場合、デニムもストイックな美的要素を持つものが理想です。色落ちしていないリジッドなインディゴカラーの一本を合わせましょう。また、シルエットもユルいものだとタートルニットが醸すスマートな空気にそぐわない場合があるので気をつけて。ジャストめのスリムレッグ仕立てがスタイル全体をクールに見せる大切なポイントです。
PAGE 3

ビジネスに使えるデニムなコーディネイト【その3】

クリーンな色使いで見せる清潔感あるビジ・デニスタイル

ピークトラペル仕様のシングルブレザーは、一般的なノッチドに比べてエッジの効いた胸回りがポイント。アンタイドの装いでもどこかキリッとした印象が作り出せます。写真のシャツはカッタウェイカラーの一着。開いた衿羽根がさりげなく開放的な雰囲気を醸します。デニム3万5000円/ヌーディージーンズ(ヌーディージーンズ ラフォーレ原宿店)、ジャケット7万8000円/麻布テーラー(麻布テーラー プレスルーム)、ニット4万2000円/ラッド バイ デミリー(サザビーリーグ)、シャツ2万3000円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム)、チーフ6500円/ニッキー(ユナイテッドアローズ
有楽町店)、ベルト2万2000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、靴10万5000円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)
タイドアップするほどではないけれど、オンの真面目な雰囲気は主張したい。そんなときは白無地のドレスシャツを着込むのが鉄則。それだけでキリッと誠実な印象が強まります。ニットウェアを挟むときも、シャツと同系色のホワイトを選ぶと清潔感が一層際立ちます。そういったコーディネイトの気分にマッチするブレザーは、なんといっても堅苦しくない仕立ての2パッチポケット仕様が良いでしょう。

芯地や肩パッドの入った本格テーラード式のブレザーでは、せっかくの柔和な雰囲気が崩れてしまうので注意が必要です。足元で真面目さを主張したい場合は、黒革のオックスフォードシューズがベター。ちょっとファッショナブルに攻めたいときは、“デニブレ”の色に合わせてネイビーの靴を選びましょう。堅苦しくなくセンスの良いビジネススタイルが完成します。

キモのデニムはコレ「色落ち&ダメージなしのクリーンな細身ストレート」

基本的にビジネススタイルに用いるデニムは、リジットカラーをはじめとするワンウォッシュ系など色落ちの少ないものがベター。特に今回のようなブレザーと合わせた着こなしでは、ブレザーの色と合わせた濃紺デニムが理想です。加えてシルエットは裾に向かって適度に絞ったストレートが基本。若者を気取って腿部分までタイトなスキニーデニムを選ぶ人もいますが、ビジネスとしてはやや不向き。また、この一本は、はっきりとしたオレンジカラーの縫い糸がひとつのポイント。ワーク色の強いタフな雰囲気が良い味わいになっています。

デニムのことをもっと知りたい!!! という方は以下もどうぞ!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL