ジローラモに聞いた、超実践的! これが美人の口説き方【前編】

Adelaideclassifieds的美人論を展開するうえで欠かせないということで、元祖モテるオヤジ、ジローラモに“美人の口説き方”を聞いてみました。そこからは、なかなかためになる恋愛論が飛び出してきましたよ。

CATEGORIES :
どうしたら美人にモテるのか? 男性なら誰でも知りたいところです。『Adelaideclassifieds』において、モテるオヤジの代表と言えば、まずはジローさん。そこで、いつも美女たちにモテまくっているイメージの彼が考える「美人論」と、女性へのアプローチの仕方に迫ります。果たして元祖モテるオヤジの口説き方とはいかに?

若い時は外見の美しさばかりに気を取られていたけれど

――ジローさんが美人の中でも特に気になるのはどういうタイプですか?

「中身が綺麗な人。話すうちにどんどんチャーミングに見えてくるから、やっぱりそういう人は気になりますネ。外見にしたってちょっと磨けば光るというか。例えばクルマに乗る女性はやっぱりカッコイイし、仕事をバリバリこなす女性も魅力的ですネ。あと、旅によく行く人も話が合って良い。とにかく文化的、知的レベルが高いかどうか、そして、その人が何に興味があるのかの方が気になってしまいます。でも、若い時は見た目の美しさばかりに気を取られて、長続きしなかったことも、いっぱいありましたけど(笑)」

――美人でも口説きやすい美人、口説きづらい美人ってあるの?

「あると思いますね。特に過去に男性にトラウマを感じたことがある女性は口説きづらいかも。そういう彼女には安心感を抱かせることが大事だと思います。何回も一緒にご飯食べたりとか、ドライブを一緒に楽しんだりとか。

逆にわがままな美人は口説きやすい場合があるかも。周りの人は気難しそうだと思い込んでいるから、なかなかアプローチしようとしません。だから意外と美人の場合はライバルが少ないことも多いんですよ。それに一見気難しそうに見えても声をかけたら違う場合もあるしネ」
PAGE 1/3
service01.com.ua

yeti 420 dimensions

rtic softpak 30 amazon