2017.06.27

離島でみる花火は超絶ロマンチック?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/澄田 直子(旅ライター)

花火大会は混み合うもの、オトナが行く場所じゃない。そう決めつけてはいないですか? しかしそれは大都市に限ってのこと。島国日本には300以上の有人島があり、風情ある花火大会がいくつも開催されています。

「花火を見に行かない? 離島に」こんなお誘いだと、なんだか「離島にいかない?」と言われるよりハードルが低く感じるうえに「花火にいかない?」と誘うよりも素敵な響きになるから、離島恐るべし!
ともあれ、この夏気になるあのコや彼女を連れて訪れたい、離島の素敵な花火大会を厳選してご紹介いたします。

奄美まつり 8月4日 奄美大島(鹿児島県)

九州から南に約380㎞、沖縄と九州の間に浮かぶ奄美大島。東京23区よりも少し大きい島には、亜熱帯の針葉樹林やマングローブ林、そして珊瑚礁を育む美しい海が広がります。

そんな奄美大島で8月3日(木)~8月6日(日)に開催されるのが「奄美まつり」。八月踊りや舟こぎ競争など、奄美の伝統ある行事が行われ、そのなかのイベントのひとつとして、4日(金)の20時から3000発の花火が夜空を彩ります。

会場は奄美市の中心地である名瀬港。すぐ近くの「屋仁川通り」には200以上の飲食店がひしめき、花火後はすぐに食事にスライドできるのも高ポイント。

鶏飯や豚足、夜光貝の刺身など、奄美の様々な味覚も楽しみですが、島カルチャーに興味のある彼女ならば「島唄ライブ」に連れ出してあげてはいかがでしょう?
PAGE 2
奄美の島唄は何世代にも渡って口伝えで受け継がれてきた伝統芸能。名瀬の町中には「吟亭」と「かずみ」の2つのライブハウスがあり、郷土料理とともに島唄を楽しむことができます。

独特の裏声歌唱が印象的な音楽は、曲を追うごとにテンポが上がり、最後は唄者も客も全員が一体となり歌い踊る。この高揚感は島ならではもの。
翌日は巨大なヒカゲヘゴが茂る「金作原」へ。
ひょっこり恐竜が姿を現しそうな太古の森を散策すれば、プリミティブな情熱が呼び覚まされそう。
PAGE 3

宮島水中花火大会(広島県) 8月26日(土)

瀬戸内海に浮かぶ宮島(嚴島)は古くから島全体が神の島と崇められてきた神聖な島。

写真提供:広島県
その島を代表するのものと言えば、海に浮かぶように作られた嚴島神社と大鳥居。その堂々たる姿は海外にまで知れ渡り、ここ数年外国人観光客からの人気もうなぎ上りだそう。

この鳥居が、8月26日(土)の夜には花火に彩られる。
写真提供:広島県
この花火大会の特徴は、水中花火。船から投げ入れられた花火は水中で爆発し、水上で半円形に花開く。尺玉の大きさと水中花火の数は日本有数の規模ということで、30万人が集まる大きな花火大会ですが、実は大部分の観覧客は本土側からの鑑賞なんです。

そこでここはぜひ、島からの景色を彼女にプレゼントしたいもの。早めに島の宿をおさえるか、有料観覧席を手配しておくのがスマート。

宮島というと牡蠣が名産。旬は冬場ですが通年生牡蠣が食べられる店もあります。
写真提供:広島県
タウリン豊富な牡蠣は、男性にとって嬉しい食材ですが、女性の肌や髪を美しくする効果も。2人で食べるには最高の食材なんです。
PAGE 4

伊豆大島夏祭り(東京都) 8月11日~12日

東京から約120km。東京の竹芝桟橋から高速船で1時間45分と、思い立ったらすぐ行けるアクセスの良さも魅力の伊豆大島。この島の中心地、元町中通りで8月11日(金)の夜開催されるのが、伊豆大島夏祭り。約1000発の大輪の花が伊豆大島の夜を彩ります。

島は思いのほか見どころ満載。島の中心には標高758mの三原山があり、この東側に日本で唯一「砂漠」と記される「裏砂漠」が広がります。

まるで月面のような退廃的な風景は、三原山の度重なる噴火によって生まれたもの。荒涼たる平原を彷徨う2人は、まるで遠い星に降り立った最初の人類。

そして、歩き疲れた2人を迎えてくれるのはミネラル豊富な温泉です。島内には日帰り利用できる露天風呂や、三原山を一望する温泉旅館もあります。これもまた火山の恩恵。

島の味覚なら、唐辛子醤油につけた刺身をシャリにのせた「べっこう」や明日葉の天ぷらが必食。もしも彼女が「くさや」未経験ならば、刺激的な初体験を贈るのもオススメです。

PAGE 5

知夫村花火大会 8月14日 隠岐の島・島前 知夫里島(島根県)

島根県の沖に浮かぶ隠岐の島。有人島は島前、島後の4島で、そのなかでも最も小さい知夫村は「日本で一番花火が近い」ことで有名です。

最も花火に近いところで約150メートル。花火が見えてから音が聞こえるまでのタイムラグが2秒の場合、およそ680メートル離れているといいますから、それがいかに近いかがわかるハズ。花火はほぼ真上にあがるため、寝転がって見るのがお約束ですよ。

知夫村の住人は、人間約600人、牛約600頭、たぬき約2000匹。集落を抜ければ人よりも、そこかしこで草を食む牛の姿を目にする方が多い。

島唯一のレンタカー会社で車を借りて西に向かうと、高さ200mの断崖絶壁「赤壁」があります。陸から見ても迫力がありますが、ここはぜひボートをチャーターし、サンセットクルーズに興じたいところ。夕陽を受けてさらに鮮やかに輝く光景がなんともロマンチック。

さて島根県といえば、縁結びの神、出雲大社があります。旅で深まった愛をさらに確かなものにするために、帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょう。
PAGE 6

サマーフェスティバル8月12日 小笠原村父島(東京都)

究極の島旅といえば小笠原です。東京から南に約1000km。アクセス手段は船のみで、それも24時間という長い航海が必要。ようやく辿り着くのは人口2000人の父島です。ハイビスカスやビーゲンビリアが咲き乱れ、ここが東京都の一部だとは信じられません。

花火大会は夏の約1ヶ月に渡って行われるサマーフェスティバルのハイライト。500発の花火が澄んだ小笠原の夜を美しく彩ります。
写真提供:小笠原村観光局

花火が終わった後も、小笠原の夜は美しい……。

写真提供:小笠原村観光局

頭上には無数の星が瞬き、森ではグリーンぺぺというきのこが淡く光ります。運が良ければ、絶滅が危ぶまれているオガサワラオオコウモリの飛ぶ姿も目にすることができるかも。

昼間はドルフィン・スイムにでかけてもよし、白砂のビーチでまどろむもよし。童心に返って最後の秘境といわれる小笠原の自然をとことん満喫して下さい。

写真提供:小笠原村観光局
そしてもうひとつ、小笠原が最高な理由。それは船の運行スケジュールのおかげで、一度東京を離れると、最短でも5日間は戻ってこられないゆえ、まだ付き合っていない二人にはハードルが高いかもしれませんが、気ゴコロ知れた二人であれば、むしろ関係を深められる格好の場所。

帰り道も再び24時間、外界から隔絶された船の中。これ以上のロマンティックな旅はないでしょう。

「島に花火見に行かない?」

この夏は、そんなお誘いが意外に有効かも?

【その他の離島花火一覧】

◆ その他の離島花火一覧

新潟県 佐渡 鉱山祭・花火大会 7月23日
東京都 神津島 神津島マリンフェスティバル「渚の花火大会」 8月2日
東京都 八丈島 八丈島納涼花火大会 8月11日
沖縄県 座間味 島祭り 8月19日
鹿児島県 種子島 種子島鉄砲まつり花火大会 8月20日
沖縄県 石垣島 石垣島まつり 11月1日
など

● 澄田直子(すみたなおこ)

旅を中心にした編集ライター。最近は島に特化したガイドブックを制作中。目指せ日本の島全制覇。趣味は手作り。パン、ソーセージ、ビールにビネガー、せっけんまで、なんでも作ります

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Adelaideclassifieds.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

続きを読む

SPECIAL

farm-pump-ua.com/testabol-propianat.html

диван угловой

https://pharmacy24.com.ua